品川火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
品川火力発電所
品川火力発電所(2012年2月)
品川火力発電所の位置(東京23区内)
品川火力発電所
品川火力発電所の位置
正式名称 東京電力株式会社品川火力発電所
日本の旗 日本
所在地 東京都品川区東品川5-6-22
座標 北緯35度37分14.1秒 東経139度45分20.8秒 / 北緯35.620583度 東経139.755778度 / 35.620583; 139.755778 (品川火力発電所)座標: 北緯35度37分14.1秒 東経139度45分20.8秒 / 北緯35.620583度 東経139.755778度 / 35.620583; 139.755778 (品川火力発電所)
現況 運転中
運転開始 1-1号:2001年7月12日
1-2号:2002年3月6日
1-3号:2003年8月20日
運転終了 (旧)1~(旧)3号機:1996年3月
(旧)1号GT:1996年3月
事業主体 東京電力
発電所
主要動力源 都市ガス
発電機数 3基
熱効率 55.3%(LHV)
コンバインド
サイクル発電
ACC方式採用
発電量
定格出力 総出力:114万kW
  1号系列:114万kW
ウェブサイト
東京電力 品川火力発電所
2016年4月1日現在
テンプレートを表示

品川火力発電所(しながわかりょくはつでんしょ)は東京都品川区東品川5-6-22にある東京電力天然ガス火力発電所

概要[編集]

1960年に1号機が運転を開始、3号機までとガスタービン発電方式の1号ガスタービンが建設された。その後、設備の老朽化や電力需要の増加により、旧設備を廃止し新たにコンバインドサイクル発電方式の設備を建設し、2003年8月には1号系列全ての設備が運転を開始した[1]。燃料の都市ガス東京ガスより購入して使用している。

なお、かつて明治44年から関東大震災まで東京市が同名の発電所を所有していた。

発電設備[編集]

  • 総出力:114万kW(2016年4月1日現在)[2]
  • 敷地面積:約10万m2
1号系列
発電方式:1,300℃級改良型コンバインドサイクル発電(Advanced Combined Cycle)方式
定格出力:114万kW(38万kW × 3軸)
 ガスタービン:24.7万kW × 3軸
 蒸気タービン:13.3万kW × 3軸
使用燃料:都市ガス
熱効率:55.3%(低位発熱量基準)
営業運転開始
 1-1号:2001年7月12日
 1-2号:2002年3月6日
 1-3号:2003年8月20日

廃止された発電設備[編集]

旧発電設備の空中写真。1984年撮影

当初、1~3号機の燃料は石炭であったが、後に原油に転換した。

  • 総出力:40.5万kW[3]
(旧)1号機(廃止)
発電方式:汽力発電方式
定格出力:12.5万kW
使用燃料:原油(当初は石炭)
熱効率:37.2%(高位発熱量基準)
営業運転期間:1960年3月25日 - 1996年3月
(旧)2号機(廃止)
発電方式:汽力発電方式
定格出力:12.5万kW
使用燃料:原油(当初は石炭)
熱効率:37.2%(高位発熱量基準)
営業運転期間:1961年 - 1996年3月
(旧)3号機(廃止)
発電方式:汽力発電方式
定格出力:12.5万kW
使用燃料:原油(当初は石炭)
熱効率:37.2%(高位発熱量基準)
営業運転期間:1961年 - 1996年3月
(旧)1号ガスタービン(廃止)
発電方式:ガスタービン発電方式
定格出力:3万kW
使用燃料:原油
営業運転期間:1969年8月12日 - 1996年3月

登場作品[編集]

ゴジラvsデストロイア
デストロイアゴジラジュニアとの戦いで品川火力発電所に突っ込み、爆発炎上した。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]