東京電力フュエル&パワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京電力フュエル&パワー株式会社
TEPCO Fuel & Power, Incorporated
TEPCO symbol.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 東電FP
本社所在地 日本の旗 日本
100-8560
東京都千代田区内幸町1-1-3
北緯35度40分8秒 東経139度45分31秒 / 北緯35.66889度 東経139.75861度 / 35.66889; 139.75861
設立 2015年平成27年)4月1日
業種 電気・ガス業
法人番号 5010001166925
事業内容 燃料・火力発電事業
代表者 佐野敏弘(代表取締役会長)、守谷誠二(代表取締役社長
資本金 300億円
従業員数 約2500人[1]
決算期 3月31日
主要株主 東京電力ホールディングス 100%
主要子会社 JERA 50%
外部リンク http://www.tepco.co.jp/fp/
テンプレートを表示

東京電力フュエル&パワー株式会社(とうきょうでんりょくフュエル アンド パワー)は、東京電力ホールディングス傘下の火力発電専門の発電事業者である。略称は、東電FP

概要[編集]

東電FPは、火力発電所を運転し、発電した電気を小売電気事業者に卸売りする会社(発電事業者)である。小売電気事業者の登録は受けていないので、家庭、工場などの一般の需要家に直接電気を売ることはできない。

もともと東京電力は、水力発電・火力発電・原子力発電の全てを1社で手掛けていたが、2016年4月の分社化の際、火力発電事業のみを承継したのが東電FPである。旧東京電力から全てのLNG基地(4箇所)とほぼ全ての火力発電所(15箇所)を承継した(伊豆諸島と小笠原諸島の火力発電所に限っては、東京電力パワーグリッドが承継した。)。

東京電力と中部電力は2015年に火力発電事業に関する包括的アライアンスを結んだ。このため、東電FPの火力発電所の新設・建替えは、中部電力との合弁企業である「株式会社JERA」で行っている。2019年4月には、東電FPと中部電力の既存の火力発電所もJERAに統合される予定である[2]

沿革[編集]

  • 2013年(平成25年)
    • 4月1日、東電の社内組織として「フュエル&パワー・カンパニー」発足[3]
  • 2015年(平成27年)
    • 4月1日、東電、「東京電力燃料・火力発電事業分割準備株式会社」(準備会社)を設立。
  • 2016年(平成28年)
    • 4月1日、準備会社、商号を「東京電力フュエル&パワー株式会社」に変更、東電本体から「フュエル&パワー・カンパニー」の事業を承継。
  • 2017年(平成29年)
    • 6月8日、中部電力との間に、既存火力発電事業の統合に係る合弁契約書を締結。
  • 2018年(平成30年)
    • 5月9日、JERAとの間に、吸収分割契約を締結[2]。2019年4月1日に東電FPの火力発電事業をJERAが承継することが決定。

出典[編集]

  1. ^ 東京電力フュエル&パワー株式会社 会社概要
  2. ^ a b “既存火力発電事業等の株式会社JERAへの承継について” (プレスリリース), 東京電力フュエル&パワー株式会社, (2018年5月9日), http://www.tepco.co.jp/fp/companies-ir/press-information/press/2018/1490122_8629.html 2018年9月1日閲覧。 
  3. ^ 社内カンパニー制の導入について(東京電力プレスリリース、2013年3月19日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]