東京電力フュエル&パワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京電力フュエル&パワー株式会社
TEPCO Fuel & Power, Inc.
TEPCO symbol.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 東電FP
本社所在地 日本の旗 日本
100-8560
東京都千代田区内幸町1-1-3
北緯35度40分8秒 東経139度45分31秒 / 北緯35.66889度 東経139.75861度 / 35.66889; 139.75861
設立 2015年平成27年)4月1日
業種 電気・ガス業
法人番号 5010001166925
事業内容 燃料・火力発電事業
代表者 佐野敏弘(代表取締役会長)、守谷誠二(代表取締役社長
資本金 300億円
決算期 3月31日
主要株主 東京電力ホールディングス 100%
主要子会社 JERA 50%
外部リンク http://www.tepco.co.jp/fp/
テンプレートを表示

東京電力フュエル&パワー株式会社(とうきょうでんりょくフュエル アンド パワー)は、東京電力ホールディングスの100%子会社。2016年(平成28年)4月から2019年(平成31年)3月まで、燃料・火力発電事業を営んでいた。略称は、東京電力FPまたは東電FP

概要[編集]

東京電力フュエル&パワー(東電FP)は、2016年(平成28年)4月の東京電力(東電)の会社分割によって実質的に発足した会社である。東電が1951年(昭和26年)5月の設立以来65年間にわたって手掛けてきた発電・送配電・小売電気事業のうち、燃料・火力発電事業のみを承継したのが東電FPである。東電FPの火力発電所で発生した電気は、小売電気事業者に卸売りしていた。

東電と中部電力は、両社の燃料・火力発電事業を統合するため、2015年(平成27年)4月に合弁会社「JERA」を設立した。2019年(平成31年)4月、東電FPと中部電力の火力発電所が全てJERAに移管され、燃料・火力発電事業の統合が完成した。

したがって、2019年(平成31年)4月以降、東電FPは自社で発電所を所有していない。

沿革[編集]

  • 2013年(平成25年)
    • 4月1日、東京電力(東電)の社内組織として「フュエル&パワー・カンパニー」が発足[1]
  • 2015年(平成27年)
    • 4月1日、東電が「東京電力燃料・火力発電事業分割準備株式会社」(準備会社)を設立。
  • 2016年(平成28年)
    • 4月1日、準備会社が商号を「東京電力フュエル&パワー株式会社」に変更し、東電から「フュエル&パワー・カンパニー」の事業を承継。
  • 2017年(平成29年)
    • 6月8日、中部電力との間に、既存火力発電事業の統合に係る合弁契約書を締結。
  • 2018年(平成30年)
    • 5月9日、JERAとの間に、吸収分割契約を締結。
    • 10月31日、姉崎火力発電所構内に新設した都市ガス製造設備(熱量調整設備)の運用を開始[2]。年間60万トンの都市ガスの製造が可能に。
  • 2019年(平成31年)
    • 4月1日、燃料・火力発電事業をJERAに移管。東京電力グループと中部電力グループの燃料・火力発電事業の統合が完成。

出典[編集]

  1. ^ 社内カンパニー制の導入について(東京電力プレスリリース、2013年3月19日)
  2. ^ “姉崎火力発電所における熱量調整設備の運用開始について” (プレスリリース), 東京電力フュエル&パワー株式会社, (2018年11月1日), http://www.tepco.co.jp/fp/companies-ir/press-information/information/2018/1510380_8926.html 2018年9月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]