和D-53号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和D-53号事件(わD-53ごうじけん)とは、1993年4月に発生した偽札事件。犯人の特定・逮捕に至らないまま未解決事件となっている。

概要[編集]

1993年4月11日に、京都府京都市下京区のJR京都駅自動券売機で、2枚の偽1万円紙幣が発見された[1]。これを契機に、同月25日までに大阪府滋賀県京都府奈良県の4府県で、駅の自動券売機や銀行の両替機など23カ所で、506枚の偽札が発見された[1]

この偽札は、見た目の精巧さで人間を騙す従来の偽札とは異なり、磁気インクを使って紙幣識別機を欺くタイプの偽札で[1]、この手の偽札は日本では[要出典]初めてだった。

日本の警察は、銀行の監視カメラに写った偽札使用者のポスターを公開し、不審者情報や偽札に使用されたインク、紙などの物証をもとに捜査をおこなったが、犯人探しは難航した[1]

2003年4月11日、公訴時効が成立し、犯人が逮捕されない未解決事件となった[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “偽札和D-53号事件が時効 磁気インク使った先駆け”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年4月10日). オリジナルの2015年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150713095129/http://www.47news.jp/CN/200304/CN2003041001000478.html 2014年11月10日閲覧。