否定と肯定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
否定と肯定
Denial
監督 ミック・ジャクソン
脚本 デヴィッド・ヘアー
原作 デボラ・E・リップシュタット英語版
『否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる戦い』[1]
History on Trial: My Day in Court with a Holocaust Denier
製作
  • ゲイリー・フォスター
  • ラス・クラスノフ[注釈 1]
出演者
音楽 ハワード・ショア
撮影 ハリス・ザンバーラウコス
編集 ジャスティン・ライト[注釈 2]
製作会社
配給 アメリカ合衆国の旗 ブリーカー・ストリート英語版
イギリスの旗 エンターテインメント・ワン英語版
日本の旗 ツイン
公開
上映時間 107分[2]
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1,000万ドル[3]
興行収入 700万ドル[4]
テンプレートを表示
画像外部リンク
en:Denial (2016 film).jpg
? 英語版ポスター

否定と肯定』(ひていとこうてい、: Denial)は2016年に製作されたイギリス・アメリカ合衆国合作の歴史映画

デボラ・E・リップシュタット英語版の書籍『否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる戦い』を原作として[1]アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件を扱い、ホロコースト学者のリップシュタットがホロコースト否定論者デイヴィッド・アーヴィング名誉毀損で訴えられた裁判の様子を描く。ミック・ジャクソン監督、デヴィッド・ヘアー脚本で、リップシュタットをレイチェル・ワイズ、アーヴィングをティモシー・スポールが演じ、その他トム・ウィルキンソンアンドリュー・スコットジャック・ロウデンカレン・ピストリアス英語版アレックス・ジェニングス英語版などが出演した。

作品は、2016年9月11日にトロント国際映画祭でお披露目された[5]アメリカ合衆国ではブリーカー・ストリート英語版配給で2016年9月30日に公開され[6]イギリスではエンターテインメント・ワン英語版配給で2017年1月27日に公開された。日本ではツイン配給で、2017年12月8日に公開され、合わせてリップシュタットの原作も刊行された[1][7]

あらすじ[編集]

アメリカのホロコースト研究家英語版デボラ・E・リップシュタット英語版教授は、ナチス・ドイツ学者のデイヴィッド・アーヴィングを攻撃する論を展開した。アーヴィングはイギリスで、リップシュタットの著作の中で自分がホロコースト否定論者と呼ばれたとして、彼女とその出版社を相手取り、名誉毀損訴訟を起こす。イギリスの名誉毀損訴訟では、被告側が立証責任を負うため、事務弁護士アンソニー・ジュリアス英語版、そして法廷弁護士リチャード・ランプトン英語版が率いるリップシュタット側のチームは、アーヴィングがホロコーストに関して嘘をついていると立証することを求められる。

相手方の守りに備え、リップシュタットとランプトンは、地元の学者と共にポーランドアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を訪れる。一方の調査団は、アーヴィングの個人的な日記の提出を要請する。リップシュタットはランプトンの無礼さに苛立ち、勝機を奪うとして彼女の裁判への関与を減らそうとするチームに失望する。また、資金集めのために会食したイギリスのユダヤ人英語版たちからは、アーヴィング説の宣伝を避けたいとして、示談に持ち込んでほしいと頼まれる。彼女のチームはアーヴィングの言動を止めるため、彼のエゴを訴えることに決め、彼が好都合になる陪審制ではなく、判事による公判に持ち込もうとして、幸先の良いスタートを切る。

チームで臨んだリップシュタットたちに対し、アーヴィングは弁護士を雇わず、自分ひとりで法廷に立つことを選ぶ。また並べられた証拠を捻じ曲げ、自身の防衛に使おうと画策する。リップシュタットはホロコースト生還者英語版のひとりから自分たちの証言が必要だと求められるが、法律チームはアーヴィングとの公判に集中するよう強く要求する。

アーヴィングはアウシュヴィッツにガス室があったという証拠を、屋根にツィクロンB[注釈 4]を導入する穴が見つからないとして、信用しようとしない。彼の耳に優しい英語版「穴が無ければ、ホロコーストも無い」(英: "no holes, no holocaust")という言葉は、メディアで広く取り上げられる。これに激怒したリップシュタットは、自身やホロコーストからの生還者を法廷で証言させるよう求める。怒ったジュリウスは、反対尋問英語版で利用され、アーヴィングに酷く傷付けられるだけだと反論する。そんな折、彼女の部屋を訪れたランプトンに、リップシュタットは自分が彼を誤解していたと謝罪する。法廷でランプトンは、アーヴィングに熟練の技で反対尋問を展開し、主張の不条理さを明らかにする。また専門家の証言から、彼の著作に歪曲があることも分かる。

結審に当たって裁判官は、アーヴィングが純粋に自説を信じているのなら嘘をついているとは言い切れないとし、リップシュタットの法律チームには動揺が走る。その後高等法院チャールズ・グレイ英語版判事は、被告側の言説を認める判決を言い渡す。リップシュタットはその堂々とした態度で賞賛され、法律チームの面々は、公判中自分が沈黙を貫いたにもかかわらず、彼女の著述がアーヴィングの嘘を論破し、勝利への基礎を築いたとリップシュタットに気付かせる。記者会見の場でリップシュタットは、そんな彼女の法律チームの姿勢を賞賛するのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[8]

製作[編集]

2015年4月、ヒラリー・スワンクトム・ウィルキンソンが、デボラ・E・リップシュタット英語版の『否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる戦い』を原作とする映画へ出演することが分かった。この時点で、ミック・ジャクソンが監督、ゲイリー・フォスターとラス・クラスノフが製作を担当し、クラスノフ/フォスター・エンターテインメント、シューボックス・フィルムズが作品を手がけると発表された。またパーティシパント・メディアBBCフィルムズの資金提供も明らかにされた[9]。2015年11月には、スワンクに代わってレイチェル・ワイズの出演が決まり、ティモシー・スポールの参加とブリーカー・ストリート英語版による配給が決定した[10]。2015年12月には、アンドリュー・スコットジャック・ロウデンカレン・ピストリアス英語版アレックス・ジェニングス英語版ハリエット・ウォルター英語版の追加出演が明らかになった[11][12]。またハワード・ショアが映画音楽を担当した[13]

撮影[編集]

主要撮影は2015年12月に始まり、翌2016年1月末に完了した[14][15]。撮影はロンドンポーランドアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で行われた[16]

封切り[編集]

映画は2016年9月11日に、トロント国際映画祭でワールドプレミアを迎えた[17]。また2016年9月30日アメリカ合衆国で限定公開され[18]イギリスでは2017年1月27日に公開された[19]。日本ではツインが配給権を獲得し、2017年12月8日に公開日が設定された[1][7]

反応[編集]

批評家の反応[編集]

批評家からは概ね好評を得た。映画批評サイト・Rotten Tomatoesでは、150件のレビューに基づき、83%支持、平均点数6.8点(10点満点)となっている[20]Metacriticでは、34件のレビューに基づき63点が付けられている[21]

賞レース[編集]

映画賞 授賞式開催日 部門 対象 結果
AARP年間成人向け映画賞英語版
AARP Annual Movies for Grownups Awards
2017年2月6日 助演男優賞
Best Supporting Actor
ティモシー・スポール[22] ノミネート
第70回英国アカデミー賞
British Academy Film Awards
2017年2月12日 英国アカデミー賞 英国作品賞
BAFTA Award for Best British Film
ゲイリー・フォスター、デヴィッド・ヘアー、ラス・クラスノフ[23] ノミネート

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英: Gary Foster, Russ Krasnoff
  2. ^ 英: Justine Wright
  3. ^ 英: Krasnoff/Foster Entertainment, Shoebox Films, Participant Media, BBC Films
  4. ^ ガス室で殺害用に使われたとされる農薬。
  5. ^ 英: Sally Messham

出典[編集]

  1. ^ a b c d ホロコースト否認論を巡る裁判描く「否定と肯定」公開、主演はレイチェル・ワイズ”. 映画ナタリー (2017年8月31日). 2017年9月21日閲覧。
  2. ^ Denial”. 全英映像等級審査機構. 2017年9月21日閲覧。
  3. ^ Denial (2016)”. TheWrap. 2016年12月2日閲覧。
  4. ^ Denial”. The Numbers. 2017年7月10日閲覧。
  5. ^ Raup, Jordan (2016年7月26日). “TIFF 2016 Line-Up includes ‘Nocturnal Animals,’ ‘La La Land,’ ‘American Pastoral,’ and more”. The Film Stage. 2016年7月26日閲覧。
  6. ^ D'Alessandro, Anthony (2016年6月1日). “Rachel Weisz-Timothy Spall holocaust denier drama ‘Denial’ plots September release”. Deadline.com. http://deadline.com/2016/06/denial-rachel-weisz-timothy-spall-holocaust-denier-1201765529/ 2016年6月1日閲覧。 
  7. ^ a b 市川遥 (2017年8月31日). “レイチェル・ワイズ、アンドリュー・スコットがホロコースト否定論者に挑む!息詰まる法廷劇12月日本公開”. シネマトゥデイ. 2017年8月31日閲覧。
  8. ^ 否定と肯定”. 2018年5月2日閲覧。
  9. ^ Hipes, Patrick (2015年4月27日). “Film Briefs: Hilary Swank & Tom Wilkinson to topline Holocaust Drama ‘Denial’”. Deadline.com. 2016年6月15日閲覧。
  10. ^ Hipes, Patrick (2015年11月5日). “‘Denial’ Holocaust-Denier Drama Now Starring Rachel Weisz Acquired By Bleecker Street”. Deadline.com. 2016年6月15日閲覧。
  11. ^ Tartaglione, Nancy (2015年12月9日). “Andrew Scott Joins Rachel Weisz In Holocaust Legal Drama ‘Denial”. Deadline.com. 2016年6月15日閲覧。
  12. ^ 「007 スペクター」アンドリュー・スコット、ホロコースト否認をめぐる裁判劇に出演” (2015年12月25日). 2017年9月21日閲覧。
  13. ^ Howard Shore to Score Mick Jackson's 'Denial'”. Film Music Reporter (2016年6月15日). 2016年6月20日閲覧。
  14. ^ On the Set for 2/19/16: Rian Johnson Rolls Cameras on ‘Star Wars: Episode VIII’, Chris Pratt & Zoe Saldana Start ‘Guardians of the Galaxy Vol. 2’”. SSN Insider (2016年2月19日). 2016年6月15日閲覧。
  15. ^ Lawrence, Rebecca (2016年1月3日). “Curl about town! Rachel Weisz's auburn wig gets a little windswept as she pounds the street on the set of Denial wearing a frumpy tartan coat and scarf”. Daily Mail. 2016年6月15日閲覧。
  16. ^ Roger Ebert - Movie review by Susan Wloszczyna, September 30, 2016”. 2016年12月27日閲覧。
  17. ^ Denial”. Toronto International Film Festival. 2016年7月26日閲覧。
  18. ^ Evans, Greg (2016年6月17日). “‘Denial’ Trailer: Rachel Weisz & Timothy Spall Spar In Fact-Based Holocaust Denier Drama”. Deadline.com. 2016年10月7日閲覧。
  19. ^ Denial”. エンターテインメント・ワン英語版. 2016年10月7日閲覧。
  20. ^ 否定と肯定 - Rotten Tomatoes(英語) - 2017年9月22日閲覧。
  21. ^ Denial reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2016年9月19日閲覧。
  22. ^ Rahman, Abid (2016年12月15日). “Denzel Washington's 'Fences' Leads Nominations for AARP's Movies for Grownups Awards”. The Hollywood Reporter. 2016年12月26日閲覧。
  23. ^ Ritman, Alex (2017年1月9日). “BAFTA Awards: 'La La Land' Leads Nominations”. The Hollywood Reporter. 2017年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]

本国版
日本版
各種データベース