デイヴィッド・アーヴィング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイヴィッド・アーヴィング
David Irving 2006年

デイヴィッド・アーヴィング(David Irving, 1938年3月24日 - )は、イギリス出身の歴史小説家・歴史著述家である。

解説[編集]

ロンドン大学インペリアル・カレッジを中退、1963年に『ドレスデンの破壊』を発表し、ヨーロッパでは大ヒットとなった。1977年に『ヒトラーの戦争』を発表、その中でアドルフ・ヒトラーホロコーストに対して消極的だったと主張、物議を醸した。やがて米国の研究者デボラ・E・リップシュタットから「ホロコースト否定論のもっとも危険な語り手の一人」と批判され、彼女を訴えたが2004年4月に敗訴し、逆に約300万ドル(約3億円以上)の訴訟費用の支払いを命じられ、破産状態にある。ただし、ネオナチなどの支援グループも存在する。[要出典]

2005年11月11日、ホロコーストを否定する発言が禁止されているオーストリアで逮捕され、2006年2月20日に3年間の服役という判決を受ける。

執筆に当たっては一次史料も見ているが、史料を歴史的文脈から分断し、ヒトラーを英雄化し得る部分のみを抽出し、拡大解釈を行っている点が批判されている。[要出典]

邦訳著作[編集]

  • Hitler's War(1977)(『ヒトラーの戦争(上・下)』, 赤羽龍夫訳, 早川書房, 1983年)
  • The Trail of the Fox(1977)(『狐の足跡――ロンメル将軍の実像(上・下)』, 小城正訳, 早川書房, 1984年)
  • The war between the generals(1981)(『将軍たちの戦い――連合国首脳の対立』, 赤羽龍夫訳, 早川書房, 1986年)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

永岑三千輝 『ホロコーストの力学―独ソ戦・世界大戦・総力戦の弁証法―』青木書店2003年p.232.第3章「否定論の似非科学的手法」。

外部リンク[編集]