名古屋市電水主町延長線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水主町延長線
概要
現況 廃止
起終点 起点:水主町電停
終点:六反小学校前電停
駅数 2駅
運営
開業 1934年9月11日
廃止 1972年3月1日
所有者 TBCN logomark.svg 名古屋市交通局
名古屋市電
路線諸元
路線総延長 0.4km
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流600 V
架空電車線方式
テンプレートを表示
路線概略図 
uexSTRq uexTBHFx
0.0 水主町電停
岩井町線
下江川線
uexSTRr
0.4 六反小学校前電停 笹島線

水主町延長線(かこまちえんちょうせん)は、かつて愛知県名古屋市に存在した、名古屋市電路線路面電車)の一つ。同市中村区にあった水主町停留場と六反小学校前停留場を結んでいた短い路線である。名古屋市電気局(後の交通局)によって1934年昭和9年)開業し、1972年(昭和47年)に廃止された。

路線概況[編集]

全長は約0.41km[1][2]で、起点水主町停留場の次が終点六反小学校前停留場という短い路線である。全線にわたり複線[3][1][2]で、大須通(正式名:名古屋市道日置通線)を東西方向に走る[4]併用軌道[1][2]であった。

起点水主町停留場は大須通と名古屋市道江川線が交差する水主町交差点にあった[4]。水主町から大須通上を東進する市電岩井町線と接続したほか、市道江川線上を南北に走行する市電下江川線平面交差した。一方、終点六反小学校前停留場は名駅通(正式名:名古屋市道山王線)と交差する現・名駅南五丁目交差点にあった[4]。ここでは名駅通上を名古屋駅前方面へと北上する市電笹島線に接続した。

歴史[編集]

名古屋市は拡大した市域へと市電の路線網を拡げるべく、1928年(昭和3年)3月に「第2期建設改良工事」として水主町延長線を含む約58kmの軌道敷設特許を取得する[5]。しかし計画半ばで第2期工事は打ち切られ[5]昭和恐慌期の失業対策として建設改良工事(1932年(昭和7年)から1934年にかけて実施)が行われる[6]まで水主町延長線は開業に至らなかった。なお、特許における終点は、六反から大須通をさらに西へ向かった場所にある五月通(名古屋市中川区)であり、五月通までの約1.3kmが未開業区間として残っていた[7]

停留場[編集]

開業から廃止まで、設置されていた停留場は水主町(かこまち)と六反小学校前(ろくたんしょうがっこうまえ)の2か所のみである。ただし、六反小学校前は1941年5月10日に改称され、1949年7月15日に旧名に復すまでは「六反学校前」を名乗った[9]

接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『電気軌道事業成績調書』昭和16年版、pp57-62
  2. ^ a b c 『交通事業成績調書』昭和36年度、pp63-68
  3. ^ 『名古屋市電が走った街 今昔』、pp18-19(配線図)
  4. ^ a b c 位置関係は『名古屋市全商工住宅案内図帳』(住宅地図・1965年)による。
    道路名・交差点名は現在の地図および名古屋市道路認定図から補記。
  5. ^ a b 『市営五十年史』、p74
  6. ^ 『市営五十年史』、p75
  7. ^ 『電気軌道事業成績調書』昭和16年度、pp61-62
  8. ^ 『市営五十年史』、p595
  9. ^ a b c 『日本鉄道旅行地図帳』7号、p57

参考文献[編集]