吉田貫三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 貫三郎(よしだ・かんざぶろう、1909年 - 1945年)は、昭和時代前期の挿絵画家。本名は貫一。

生涯[編集]

兵庫県明石市出身。1928年(昭和3年)に神戸商業学校を卒業し一時は電気会社の会計などをしていたが、在学中から凝っていた漫画に力を入れ、「マンガマン」という漫画専門雑誌に投稿したのをきっかけに1929年(昭和4年)に上京し、東京漫画新聞社に入社する[1]。1932年(昭和7年)から横山隆一近藤日出造矢崎茂四を中心とする新漫画派集団に加わり、当初は漫画を描いていた。1933年(昭和8年)頃より『新青年』などで小説の挿絵を描くようになり、怪奇推理小説から現代小説、時代小説まで幅ひろく手がけたが、1945年(昭和20年)に中国の広東で戦病死。37歳。

画風・評価[編集]

文芸評論家の磯貝勝太郎には「明朗で健全そのものの画風を特徴とした。黒白芸術をよく理解し、駆使しうる代表として定評があった」と[2]。漫画から挿絵へと活動場所を変えても満足できず、1941年(昭和16年)頃から本画を志し、春陽会展にも出品している。

挿絵作品[編集]

装幀[編集]

  • 海野十三「深夜の市長」(1936年、春秋社)
  • 小栗蟲太郎「紅殻駱駝の秘密」(1936年、春秋社)
  • 徳永直「甚左どんの草とり」(1943年、国華堂日童社)
  • 夢野久作「近世快人伝」

著作[編集]

  • 随筆集『蟹の爪』(1943年、地平社)

脚注[編集]

  1. ^ 尾崎秀樹 『さしえの50年』 平凡社、1987年、98p。
  2. ^ 日本近代文学館・編 『日本近代文学大事典 第3巻』 講談社、1977年、227p。