大阪圭吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪 圭吉
(おおさか けいきち)
誕生 鈴木 福太郎(すずき ふくたろう)
1912年3月20日
愛知県新城(現・新城市
死没 (1945-07-02) 1945年7月2日(満33歳没)
フィリピンルソン島
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1932年 - 1945年
ジャンル 推理小説
デビュー作 デパートの絞刑吏(1932年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

大阪圭吉(おおさか けいきち、1912年明治45年)3月20日 - 1945年昭和20年)7月2日)は愛知県出身の推理作家小説家。本名は鈴木福太郎。

概要[ソースを編集]

愛知県新城(現・新城市)の旅館の息子として生まれる。地元の小学校から豊橋商業学校(現・愛知県立豊橋商業高等学校)に進学するも、3年で中退。その後日本大学商業学校(夜間)で学び、1931年に卒業。

甲賀三郎の推薦により、「デパートの絞刑吏」を『新青年』1932年10月号に発表して作家デビュー。以後『新青年』『ぷろふいる』を中心に短編探偵小説を発表した。

初期にはアマチュアらしい生硬な傾向もあったが、1934年頃からは謎解きにユーモアやペーソスを交えたタッチの個性を発揮するようになる。後年まで代表作とされる短編「とむらい機関車」(『ぷろふいる』1934年9月号)もこの時期の作品である。1936年(昭和11年)に初の単行本である『死の快走船』を発行。探偵小説家としてのピークを迎えるが、当時の世評は必ずしも高いものではなかった。

その後も創作活動を続けるが、日中戦争の勃発以降、急激に戦時体制が強まる中で探偵小説の発表は次第に難しくなっていく。このため、同時代の多くの探偵小説家同様、ユーモア小説からやがては時局に乗じた通俗スパイ小説などを執筆して糊口をしのぐことになった。

太平洋戦争激化に伴い、1943年(昭和18年)に応召。満州からフィリピンへと転戦し、1945年(昭和20年)7月2日、ルソン島にて病死した。

出征前に恩師の甲賀に託したと伝えられる長編探偵小説は今も見つかっていない(甲賀は同年初頭に出張帰途の岡山で急病により客死しており、原稿の行方は不明のままである)。

発表された作品のほとんどが短編である。作風は論理的で端正であり、いかにも古き良き時代の探偵小説といった印象を受ける。それら本格短編に対する評価は高く、太平洋戦争後の探偵小説アンソロジーにはしばしば作品が収録される作家の一人であったが、個人作品集が編まれるなどでその資質が本式に再評価されたのは1990年代以降のことであった。

私生活では熱狂的な鉄道ファンでもあり、「とむらい機関車」など鉄道を扱った作品にもその影響が見られる。

著作[ソースを編集]

  1. とむらい機関車
  2. デパートの絞刑吏
  3. カンカン虫殺人事件
  4. 白鮫号の殺人事件
  5. 気狂い機関車
  6. 石塀幽霊
  7. あやつり裁判
  8. 雪解
  9. 坑鬼
  1. 三狂人
  2. 銀座幽霊
  3. 寒の夜晴れ
  4. 燈台鬼
  5. 動かぬ鯨群
  6. 花束の虫
  7. 闖入者
  8. 白妖
  9. 大百貨注文者
  10. 人間燈台
  11. 幽霊妻
  1. 東京第五部隊
  2. 金髪美容師
  3. 赤いスケート服の娘
  4. 仮面の親日
  5. 疑問のS
  6. 街の潜水夫
  7. 紅毛特急車
  8. 空中の散歩者
  9. 海底諜報局
  10. 間諜満洲にあり
  11. 百万人の正宗

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]