吉崎清富

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉崎 清富(よしざき きよとみ、1940年 - )は、日本現代音楽作曲家

略歴[編集]

秋田県大館市生まれ。中学卒業と同時に上京し、桜美林高等学校卒業。東京芸術大学卒業、同大学院修了。作曲を下総皖一石桁眞禮生に師事。ドイツ政府給費留学生としてベルリン国立音楽大学に留学。ボリス・ブラッハージェルジ・リゲティに学ぶ。在学中の69、70、72年、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会に参加。ヴィオッティ国際コンクール、ベルリン国際作曲コンクールなどの国際コンクールで入賞を果たす。同大卒業後、国立ベルリン工業大学電子音楽スタジオ研究員に着任。79年、スタンフォード大学コンピュータ音楽セミナーに参加。

鹿児島大学講師着任後、東京学芸大学教授、国立音楽大学講師、鹿児島大学教授を歴任。『杵屋正邦における邦楽の解体と再構築』により博士号(文学)取得(2000年、大阪大学)。

石桁眞禮生門下生による「環」、三枝成彰西村朗松平頼暁水野修孝らと結成した「オーケストラ・プロジェクト」、自らが主宰する作曲グループ「パッケージ21」等において、ユニークで鮮烈な作品を多数発表。NHK電子音楽スタジオ等からの委嘱による電子音響作品やコンピュータ音楽作品も手掛ける。実験精神に溢れながらも正統な現代作曲技法に裏打ちされた作風は、極めて独創的な音楽世界を確立したものとして高く評価されている。

主要作品[編集]

管弦楽[編集]

  • オーケストラのためのマスク(1975年
  • オーケストラのための秩序と無秩序の宮(1979年
  • オーケストラのための問いと答え(1981年
  • オーケストラのための甘美なゲーム(1983年
  • 新しい天地 -独唱、電子オルガン、オーケストラのために-(1990年

室内楽[編集]

  • ヴィオラ・ソロ(1969年
  • 6~9人の奏者のための音楽(1969年
  • クラリネット四重奏のためのマスク(1970年
  • ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲(1971年
  • 詩篇 -ピアノのための-(1972年
  • 打楽器のための秩序と無秩序の宮(1980年
  • エトスとパトスの広場 -ピアノのための-(1982年
  • カバラ バラカ ラカバ -不特定楽器のための-(1985年
  • 神聖な舞踏 -フルート、オーボエ、ファゴットのために-(1987年
  • 東京ストリート -2ヴァイオリン-(1988年
  • SEOUL・TOKYO・SEOUL -2ユーフォニウム、2チューバ-(1989年

声楽[編集]

  • カンタータ第二番(1974年
  • 眠れぬ夜のために -シアター・ピース-(1977年

電子音楽[編集]

  • 空の空 -電子音楽-(1971年
  • 音と光と時間と -電子音楽-(1977年
  • グリーンスペースの宮 -電子音楽-(1978年

著書[編集]

  • 対位法の泉(音楽之友社)
  • 杵屋正邦における邦楽の解体と再構築(出版芸術社)
  • シンメトリーの楽しみ(幻冬舎)

訳書[編集]

  • 新しい音楽 -1945年以降の前衛-(R.スミス‐ブリンドル著、アカデミア・ミュージック)