及川和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

及川 和男(おいかわ かずお、1933年10月13日 - )は、日本の小説家である。

東京・池袋に生まれるが、疎開で岩手県一関市に住むようになる。東京出身であるが及川姓は一関地方に特有の苗字であり、すんなり地域に溶け込めたものと思われる。

岩手県立一関第一高等学校を卒業後岩手銀行に入行、銀行員として勤務のかたわら小説を書く。1971年、「雛人形」が雑誌『民主文学』に掲載されてから、同誌を中心に活躍、そこに連載した長編『深き流れになりて』で多喜二・百合子賞を受賞する。

1980年代からは、岩手の地域にねざした作品も多く、沢内村の医療制度を作品化した『村長ありき』も評判になる。

三好京三とは一関中以来の交友があり、三好の没後、〈いちのせき文学の蔵〉の会長職を引き継いだ。

著書[編集]

  • 『深き流れとなりて』新日本出版社 1974
  • 『雛人形』民衆社 1977
  • 『森が動く時』新日本出版社 1977(「森が動く」の題で日本経済新聞に連載)
  • 『愛したたかい生きる』学習の友社 1979
  • 『ちいさな家族』新日本出版社 1979
  • 『荒野を拓く教師たち 非行ゼロ・退学ゼロにいどむ水沢一高』あゆみ出版 1980
  • 『希望水系』新日本出版社 1982
  • 『村長ありき 沢内村深沢晟雄の生涯』新潮社 1984 のち文庫、「「あきらめ」を「希望」に変えた男」日経ビジネス人文庫
  • 『春の岸辺』みずち書房 1984
  • 『生命村長 深沢晟雄物語』童心社(ノンフィクション・ブックス) 1985
  • 『若きいのちへの旅 北の文学原風景』労働旬報社(青春ライブラリー) 1986
  • 『あらぐさの記』青磁社 1986
  • わらび座修学旅行』岩波ジュニア新書 1987
  • 『命見つめ望み抱き』桐書房 1987
  • 『甲子園への遠い道』北上書房 1987
  • 『鐘を鳴らして旅立て みどり学園療育記』新潮社 1989
  • 『看護婦の文章読本』桐書房 1989
  • 『かあさんは看護婦さん』岩崎書店 1989
  • 『まぼろしのプレーボール』岩崎書店 1990
  • 『いいお産、したい 小豆沢病院・立川相互病院産科チームの発信』桐書房 1991
  • 『イーハトーヴ通信』新潮社 1992
  • 『森は呼んでいる』岩崎書店 1992
  • 『米に生きた男 日中友好水稲王=藤原長作』筑波書房 1993
  • 『また来てマック』岩崎書店 1995
  • 『白い森のふるさと』岩崎書店 1995
  • 『テル、ごめんね』岩崎書店 1996
  • 『なんでも相談ひきうけます』岩崎書店 (文学の泉) 1998
  • 佐藤輔子 藤村永遠の恋人』本の森 1999
  • 『なみだの琥珀のナゾ』岩崎書店 (文学の泉) 2000
  • 『いのちは見えるよ』岩崎書店 (いのちのえほん) 2002
  • 『命見つめ心起こし 「生命村長」深沢晟雄スタディー』れんが書房新社 2010
  • 『ザシキボッコの風』本の泉社 2011
  • 『浜人(はんもうど)の森2011』小坂修治 さし絵 本の泉社 2013
  • 『心の鐘 文学の情景』岩手日日新聞社 2015
  • 『戊辰幻影 みゆき女口伝』れんが書房新社 2015

共編著[編集]

  • 『人間として看護婦として <ドキュメント>盛岡赤十字病院・看護改善の十年』盛岡看護学セミナー共著 あゆみ出版 1979
  • 『誰のための銀行』平田貞治郎共著 大月書店(大月フォーラムブックス)1981
  • 『リハビリ看護最前線 秋田・中通三院からのレポート』編著 桐書房 (ナーシングブックス) 1987

脚注[編集]