升味準之輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
升味 準之輔
ますみ じゅんのすけ
人物情報
生誕 1926年4月1日
日本の旗 日本 長崎県
死没 (2010-08-13) 2010年8月13日(84歳没)
出身校 東京大学
学問
研究分野 政治学
研究機関 東京都立大学
特筆すべき概念 55年体制
主要な作品 『日本政党史論』(1965-1980)
『日本政治史』(1988)
『比較政治』(1990-1993)
影響を
受けた人物
岡義武
影響を
与えた人物
御厨貴
テンプレートを表示

升味 準之輔(ますみ じゅんのすけ、1926年4月1日[1] - 2010年8月13日[2])は、日本政治学者東京都立大学名誉教授[2]。専門は日本政治史[3]

略歴・人物[編集]

長崎県出身[1]。1948年、東京大学法学部卒業[3]。東京大学の研究生を経て、1952年から東京都立大学講師[3]。1953年から同大学助教授[3]。1963年から同大学教授[3]。学外では、日本政治学会理事長や日本学術会議会員などを歴任した[1]

近現代日本の政治史・政党史の実証研究を行い、主要国の政治過程に関する比較研究に従事した[1]。戦後日本の政党政治を「55年体制」と名づけたことで知られている[1][4]。また、九条の会の活動に賛同していた[5]

弟子の御厨貴は、「多くの若き東大出身の政治学者が、安保問題をはじめとする現実政治批判に傾斜したのに対して、升味さんは常に一歩距離を置」き、岡義武を師と仰ぐ形で「歴史分析、いや歴史の追体験とそれへの耽溺に惹きこまれてい」ったと述べている[6]。そのため、マスメディアにはあまり顔を見せず、『国家学会雑誌』や『都立大学法学会雑誌』などの大学紀要へ論文を発表することに注力したという[6]。御厨は、こうした升味の様子を「既成の“左翼イデオロギー”の呪縛から自由だった」と評した[6]。また、後年には「『日本政党史論』で著名な政治学の泰斗」とも呼んでいる[7]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『現代政治と政治学』(岩波書店 1964年)
  • 『日本政党史論(全7巻)』(東京大学出版会 1965-80年)
  • 『現代日本の政治体制』(岩波書店 1969年)
  • 『政治学講義(上・下)』(岩波書店 1974年)
  • 『ユートピアと権力 - プラトンからレーニンまで』(東京大学出版会 1976年/増補版 1986年)
  • 『戦後政治――1945-55年(上・下)』(東京大学出版会 1983年)
  • 『現代政治――1955年以後(上・下)』(東京大学出版会 1985年)
  • 『日本政治史(1)幕末維新、明治国家の成立』(東京大学出版会 1988年)
  • 『日本政治史(2)藩閥支配、政党政治』(東京大学出版会 1988年)
  • 『日本政治史(3)政党の凋落、総力戦体制』(東京大学出版会 1988年)
  • 『日本政治史(4)占領改革、自民党支配』(東京大学出版会 1988年)
  • 『比較政治(1)西欧と日本』(東京大学出版会 1990年)
  • 『比較政治(2)アメリカとロシア』(東京大学出版会 1993年)
  • 『比較政治(3)東アジアと日本』(東京大学出版会 1993年)
  • Contemporary Politics in Japan, trans. by Lonny E. Carlile, (University of California Press, 1995).
  • 『昭和天皇とその時代』(山川出版社 1998年)
  • 『なぜ歴史が書けるか』(千倉書房 2008年)

共著[編集]

  • ロバート・A・スカラピノ)『現代日本の政党と政治』(岩波書店 1962年)
  • Parties and Politics in Contemporary Japan, with Robert A. Scalapino, (University of California Press, 1962).

訳書[編集]

  • G・P・グーチ『イギリス政治思想(1)ベーコンからハリファックス』(岩波書店 1952年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus、百科事典マイペディア升味準之輔』 - コトバンク
  2. ^ a b “元日本政治学会理事長の升味準之輔さん死去”. 朝日新聞. (2010年8月13日). オリジナルの2010年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100816131357/http://www.asahi.com/obituaries/update/0813/TKY201008130329.html 2010年8月13日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “ひと=升味準之輔”. 毎日新聞: 東京朝刊3面. (1985年3月13日) 
  4. ^ 升味準之輔「1955年の政治体制」『思想』1964年4月号。
  5. ^ 10月31日・賛同者名簿”. 九条の会 (2004年10月31日). 2020年12月28日閲覧。
  6. ^ a b c “升味準之輔さんを悼む:歴史の精気、新古典の輝き=御厨貴”. 毎日新聞: 東京夕刊4面. (2010年8月25日) 
  7. ^ “御厨貴の政界人物評論:連載を終えて 五感研ぎ澄まし「災後」浮き彫りに”. 毎日新聞: 東京夕刊6面. (2015年4月6日)