千葉正士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千葉 正士(ちば まさじ、1919年9月17日 - 2009年12月17日 )は、日本の法学者東京都立大学 (1949-2011)名誉教授法学博士東北大学、1962年)(学位論文「学区制度の研究:国家権力と村落共同体の再編成」)。専門は法社会学スポーツ法学宮城県仙台市出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

著書[編集]

  • 『学区制度の研究』(勁草書房1962年
  • 『法思想史要説』(日本評論社、1964年
  • 『現代・法人類学(北望社1969年
  • 『祭りの法社会学』(弘文堂、1970年
  • 『要説・世界の法思想』(日本評論社、1986年
  • 『Asian Indigenous Law』(London: KPI、1986年
  • 『Lengal Pluralism』(Tokyo: Tokai University Press、1989年
  • 『法文化のフロンティア』(成文堂、1991年
  • 『アジアにおけるイスラーム法の移植』(編著、(湯浅道男教授還暦記念)、成文堂1997年
  • 『アジア法の多元的構造』(成文堂、1998年
  • 『スポーツ法学序説』(信山社、2001年
  • 『Legal Cultures in Human Sciety』(Tokyo: Shinzansha International、2002年
  • 『法と時間』(信山社、2003年
  • 『世界の法思想入門』(講談社学術文庫、2007年

関連項目[編集]