十亀昭雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十亀 昭雄(そがめ あきお、1929年 - 2013年5月29日)は、日本政治学者行政学者。専門は地方政治論地方自治論北海道教育大学名誉教授北海道中川郡美深町出身。

来歴[編集]

このほか、公益社団法人北海道地方自治研究所理事長、札幌都市研究センター理事長、北海道総合開発委員会委員なども務めた。

エピソード[編集]

  • 十亀が政治学者を志した理由は、第2次世界大戦における戦争の体験から、人が争う様を政治の観点から見ようと思った為と懐述している[1]
  • 北海道大学大学院時代は尾形典男に学び、東京大学法学部に国内留学した際に丸山眞男の下で学んだ。
  • 兄弟子である富田容甫の後任教員として北海道学芸大学に着任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『北海道の政治と民主主義』(北海道地方自治研究所, 1974年)
  • 『北海道の政治風土』(北海道地方自治研究所, 1977年)
  • 『北海道の政治と選挙』(北海道地方自治研究所、1980年)
  • 『北海道の自治・政治・文化』(北海道地方自治研究所、1993年)

共著[編集]

参考文献[編集]

  • 千葉卓ほか編集『教育・研究年報2』(北海学園大学法学部、1997年)

脚注[編集]

  1. ^ 前出『北海道の自治・政治・文化』のあとがきより