岡路市郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡路 市郎(おかじ いちろう、1913年(大正2年) - 2003年(平成15年)4月11日)は、日本の心理学者俳人。専門は、教育心理学。元・北海道教育大学学長

生涯[編集]

滋賀県出身。1946年広島文理科大学 (旧制)心理学科卒。その後、北海道大学法文学部助教授、同法経学部助教授を経て、1952年(昭和27年)北海道学芸大学助教授に就任。1959年(昭和34年)同教授1975年(昭和50年)北海道教育大学7代学長。1983年(昭和58年)北海道教育大学退官。同名誉教授北海学園大学経済学部教授。1992年平成4年)北海学園大学定年退職。駒澤大学保育専門学校招聘講師1997年まで)。

日本社会心理学会名誉会員、1985年4月 勲二等旭日重光章を受章[1]

著書[編集]

  • 永井陽之助)と共著『北海道』(中央公論社, 1962年)
  • 三宅和夫)と共編『青年心理学』(川島書店, 1969年初版・1981年新訂版)
  • R.E.ムース著:岡路監訳『青年期の理論 : その系譜と展望』(川島書店, 1976年)

論文[編集]

  • 「学力測定について」 『北海道教育研究所紀要』 第1巻 1号 1950
  • 藤野武・福島正治と共著 「社会態度の因子分析的研究」 『北海道学芸大学紀要』 第4巻 2号 1953
  • 「態度因子と性格因子の関係について」 『北海道学芸大学紀要』 第4巻 2号 1953
  • 藤野武と共著 「線路班の能率とその班内の Human Relation との関係 (札幌保線区内)」 国鉄業務運営調査委員会 『資料』 84 1956
  • 「青年の生活に対する態度の特性に関する研究」 『教育心理学研究』 第6巻 1号 1958
  • 「青年心理学の系譜」 『現代青年心理学講座 1. 青年心理学研究の課題と方法』 金子書房 1973
  • 「青年期をめぐる "nature-nurture" の問題」 『青年心理学』 第1巻 1号 1977
  • 「青年期と自我形成をめぐる問題」 『青年心理学』 第1巻 2号・3号 1977
  • 「態度と行動の一貫性に対する関連態度集合の構造化の効果」 『北海道教育大学紀要 (第1部 C)』 第30巻 2号 1980

脚注[編集]

  1. ^ 大泉溥 編 『日本心理学者事典』 クレス出版、2003年ISBN 4-87733-171-9

参考文献[編集]

『新訂 現代日本人名録2002 1巻 あ〜かと』(日外アソシエーツ編集・発行、2001年)

先代:
舩山謙次
北海道教育大学学長
第7代: 1975年 - 1983年
次代:
石井久 (学者)