千葉卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千葉 卓(ちば たかし、1943年 - )は、日本の法学者北海学園大学名誉教授。専門は、憲法教育法学法学博士北海道大学、1972年)。青森県で生まれた直後、幼少を樺太で過ごした。

略歴[編集]

学説[編集]

教育基本法の法的性格として、有倉遼吉の提唱する「準憲法的法律説」に対し、千葉は「基本原理的法律説」を提唱[2]。千葉は、教育基本法は現行教育法制全体の基本原理を定めた法律なので、他の教育法規すべての解釈運用にその所定原理が貫かれなければならないと唱えた。この理論は、当時多くの学者の支持を集め、旭川学テ事件に於いても最高裁判所がこの理論をほぼそのまま採用されることとなった[3]。後に学界に於いても通説となるに至った。

三菱樹脂事件において私人間効力に関する学説の中でも、「間接効力説が適用されている」とする従来の通説に対し、千葉は、「本判決は理論上は間接適用説、事実上は無効力説である」と唱え、学界に於ける通説とは異なる見解を示している。

憲法の変遷については、変遷に対する見解の中でも肯定説の習律であるとする見解を支持している。

著書[編集]

[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 以上につき、『北海道人物・人材情報リスト2004 か-と』(日外アソシエーツ編集・発行、2003年)
  2. ^ 『教育をうける権利--アメリカ・西ドイツに関する法的検討(1~15)』(法学研究 8巻1号~18巻1号, 1972年~1982年)
  3. ^ 有倉遼吉先生の教育法学
  4. ^ 熊本信夫ほか編集『教育・研究年報1』(北海学園大学法学部、1993年)
  5. ^ 熊本信夫ほか編集『教育・研究年報1』(北海学園大学法学部、1993年)
先代:
須田晟雄
北海学園大学法学部長
第14代:1995年 - 1997年
次代:
山本佐門
先代:
須田晟雄
北海学園大学大学院法学研究科長
第5代:1995年 - 1997年
次代:
山本佐門