北カルヤラ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北カルヤラ州
Pohjois-Karjalan lääni
Norra Karelens län
Pohjois-Karjalan lääni.vaakuna.svg Finnish counties 1996.jpg
1996年の州分割
(9が北カルヤラ州)
成立 1960年
クオピオ州から分離し成立
廃止 1997年9月1日
ミッケリ州クオピオ州と合併
州都 ヨエンスー
伝統州 カルヤラ
所属県 北カルヤラ県
面積
 - 全体

21,585 km²
人口
 - 合計(1993年)
 - 人口密度

177,893人
8.2人/km²

北カルヤラ州 (フィンランド語: Pohjois-Karjalan lääniスウェーデン語: Norra Karelens län)は、かつて存在したフィンランド1960年から1997年まで存在した。カルヤラの部分を英語読みし、北カレリア州とも書かれる。

1960年に、クオピオ州東部から分離して成立。1997年9月1日、州の大規模再編に伴って、ミッケリ州クオピオ州と合併して消滅。合併後は、東スオミ州となった。東スオミ州はその後、2010年1月1日に他州と共に廃止され、フィンランドの州の歴史は幕を閉じた[1]

州域の変遷[編集]

1960年のフィンランドの州: 1: トゥルク・ポリ州, 2: ウーシマー州, 3: ハメ州, 4: ヴァーサ州, 5: キュミ州, 6: ミッケリ州, 7: 中央スオミ州, 8: クオピオ州, 9: 北カルヤラ州, 10: オウル州, 11: ラッピ州, 12: オーランド自治州
1996年のフィンランドの州: 1: トゥルク・ポリ州, 2: ウーシマー州, 3: ハメ州, 4: ヴァーサ州, 5: キュミ州, 6: ミッケリ州, 7: 中央スオミ州, 8: クオピオ州, 9: 北カルヤラ州, 10: オウル州, 11: ラッピ州, 12: オーランド自治州
合併後の1997年のフィンランドの州: 10: オウル州, 11: ラッピ州, 12: オーランド自治州, 22: 南スオミ州, 23: 西スオミ州, 24: 東スオミ州

自治体[編集]

歴代知事[編集]

  • Lauri Riikonen 1960-1967
  • Esa Timonen 1967-1992
  • Hannu Tenhiälä 1992-1997

脚注[編集]

  1. ^ New regional administration model abolishes provinces in 2010”. HELSINGIN SANOMAT. 2012年7月15日閲覧。