ウーシマー・ハメ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウーシマー・ハメ州
Uudenmaan ja Hämeen lääni
Nylands och Tavastehus län
Finnish counties 1776.jpg
1776年の県(州)分割
(14がニューランド・タヴァステフス県(ウーシマー・ハメ州))
成立 1634年
スウェーデン統治下で設立
廃止 1831年
ウーシマー州ハメ州に分割
州都 ハメーンリンナ (タヴァステフス)

ウーシマー・ハメ州ウーシマー及びハメ州 (フィンランド語: Uudenmaan ja Hämeen lääniスウェーデン語: Nylands och Tavastehus län)は、かつて存在したフィンランド1634年から1831年まで存在した。フィンランドの最初期の州である。スウェーデン統治時代は、スウェーデン語でニューランド・タヴァステフス県ニューランド及びタヴァステフス県という名前だった。

1634年にスウェーデン統治下のフィンランドでスウェーデンの県、ニューランド・タヴァステフス県として成立された。その後、1809年まで、スウェーデンの県として存続した。

1775年には、県の北部(後の中央スオミ州の州域と同じ地域)が新設されるヴァーサ県に移管された。また、同年には、伝統的にサタクンタと呼ばれる地域がオーボ・ビョルネボリ県からニューランド・タヴァステフス県に移管されている。更には、上ホッラが新設されるキュメネゴルド県に移管されている。

1809年に、フィンランドはスウェーデン統治から離れ、ロシア帝国に割譲される。そしてロシア帝国の保護国であるフィンランド大公国が成立する。フィンランド大公国成立後も、ウーシマー・ハメ州として存続する。1831年に南部がウーシマー州、北部がハメ州に分割され、消滅した。その後ウーシマー州、ハメ州共に1997年まで存続したが、両州共に合併で消滅。合併した州も、2010年1月1日に他州と共に廃止され、フィンランドの州の歴史は幕を閉じた[1]

州域の変遷[編集]

歴代知事[編集]

  • Arvid Göransson Horn af Kanckas 1634–1648
  • Erik Andersson Oxe 1648–1652
  • Ernst Johan Greutz 1652–1666
  • Udde Knutsson Ödell 1666–1668
  • Axel Eriksson Stålarm 1668–1678
  • Axel Rosenhane 1678–1685
  • Jonas Klingstedt 1685–1687
  • Karl Bonde 1687–1695
  • Mårten Lindhielm 1695–1696
  • Abraham Cronhjort 1696–1703
  • Johan Creutz 1703–1719
  • Per Stierncrantz 1719–1737
  • Axel Erik Gyllenstierna af Lundholm 1737–1746
  • Gustaf Samuel Gylleborg 1746–1756
  • Anders Johan Nordenskjöld 1756–1761
  • Hans Erik Boije af Gennäs 1761–1772
  • Carl Ribbing af Koberg 1773
  • Anders Henrik Ramsay 1774–1776
  • Anders de Bruce 1777–1786
  • Carl Gustaf Armfelt 1787–1788
  • Johan Henrik Munck 1790–1809
  • Gustaf Fredrik Stiernwall 1810–1815
  • Gustaf Hjärne 1816–1828
  • Carl Klick 1828–1831

脚注[編集]

  1. ^ New regional administration model abolishes provinces in 2010”. HELSINGIN SANOMAT. 2012年7月15日閲覧。