東スオミ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東スオミ州
Itä-Suomen lääni
Östra Finlands län
Itä-Suomen läänin vaakuna.svg Itä-Suomen lääni.sijainti.suomi.2009.svg
成立 1997年9月1日
ミッケリ州クオピオ州北カルヤラ州が合併
廃止 2010年1月1日
ISOコード FI-IS
州都 ミッケリ
伝統州 サヴォ
カルヤラ
所属県 北カルヤラ県
北サヴォ県
南サヴォ県
面積
 - 全体
順位 4位
48,726 km²
人口
 - 合計(2002年)
 - 人口密度
順位3位
588,106人
12.0人/km²

東スオミ州 (フィンランド語: Itä-Suomen lääni、スウェーデン語: Östra Finlands län) あるいは東フィンランド州はかつて存在したフィンランドの州のひとつ。1997年9月1日ミッケリ州クオピオ州北カルヤラ州が合併して発足した。2010年1月1日、他の州と同じく廃止された[1]オウル州西スオミ州南スオミ州に隣接していた。またロシアとも国境を接する。州都はミッケリ市。湖沼地帯であり、サイマー湖ピエリネン湖オリ湖など多数の湖沼を有する。

行政[編集]

東スオミ州政府は支庁をミッケリヨエンスークオピオにおいている。

地域[編集]

東スオミ州は3つの地域に分かれる。:


紋章[編集]

東スオミの紋章はサヴォカルヤラの紋章を合成したものである。

脚注[編集]

  1. ^ New regional administration model abolishes provinces in 2010”. HELSINGIN SANOMAT. 2012年7月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]