クオピオ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クオピオ州
Kuopion lääni
Kuopio län
Savonia coat of arms.svg Finnish counties 1996.jpg
1996年の州分割
(8がクオピオ州)
成立 1831年
サヴォ・カルヤラ州を基に成立
廃止 1997年9月1日
ミッケリ州北カルヤラ州と合併
州都 クオピオ
伝統州 サヴォ
所属県 北サヴォ県
面積
 - 全体

19,954 km²
人口
 - 合計(1993年)
 - 人口密度

258,662人
13人/km²

クオピオ州フィンランド語: Kuopion lääniスウェーデン語: Kuopio län)は、かつて存在したフィンランド1831年から1997年まで存在した。

州の起源は、1775年スウェーデン統治下で設立されたサヴォラックス・カレーレン県にある。

ナポレオン戦争の際、スウェーデンロシア帝国イギリスなどの国々と、フランス帝国に対抗する第四次対仏大同盟を結んでいた。しかし1807年ティルジットの和約後に、ロシア帝国が第四次対仏大同盟を離脱。大陸封鎖令に端を発して、第二次ロシア・スウェーデン戦争が勃発。1809年9月17日フレデリクスハムンの和約が結ばれ、トルネ川以東(フィンランド)はロシア帝国へと割譲され、ロシア帝国の保護国であるフィンランド大公国が成立する。

当初は、フィンランド大公国でもスウェーデン統治時代のサヴォラックス・カレーレン県がサヴォ・カルヤラ州としてそのまま使われ続けたが、1831年にサヴォ・カルヤラ州は、クオピオ州として再編された。また、同年は別の地域でも州の再編があり、サヴォ・カルヤラ州南部はミッケリ州に編入された。

1960年には、東部が北カルヤラ州として分離する。1994年に州下に北サヴォ県が設置される。1997年9月1日、州の大規模再編に伴って、ミッケリ州、北カルヤラ州と合併して消滅。合併後は、東スオミ州となった。東スオミ州はその後、2010年1月1日に他州と共に廃止され、フィンランドの州の歴史は幕を閉じた[1]

州域の変遷[編集]

自治体[編集]

歴代知事[編集]

  • Lars Sackleen 1831-1833
  • Gustaf Adolf Ramsay 1833-1854
  • Berndt Federley 1854-1855
  • Sten Knut Johan Furuhjelm 1855-1862
  • Samuel Henrik Antell 1862-1866
  • Johan August von Essen 1866-1873
  • Carl Gustaf Mortimer von Kraemer 1873-1884
  • August Alexander Järnefelt 1884-1888
  • Johan Fredrik Gustaf Aminoff 1888-1899
  • Henrik Åkerman 1899-1900
  • Edvard Gabriel Krogius 1900-1903
  • Martin Alexius Bergh (Martti Vuori) 1903-1905
  • Emil Wilhelm Stenius 1905-1911
  • Werner Nikolaus Tavaststjerna 1911-1913
  • Arthur Spåre 1913-1917
  • Albert von Hellens 1917-1918
  • Gustaf Ignatius 1918-1940
  • P.V. Heikkinen 1940-1950
  • Lauri Riikonen 1950-1960
  • Erkki O. Mantere 1960-1966
  • Risto Hölttä 1966-1978
  • Kauko Hjerppe 1978-1993
  • Olavi Martikainen 1993-1997

脚注[編集]

  1. ^ New regional administration model abolishes provinces in 2010”. HELSINGIN SANOMAT. 2012年7月15日閲覧。