サヴォ・カルヤラ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サヴォ・カルヤラ州
Savon ja Karjalan lääni
Savolax och Karelens län
Finnish counties 1776.jpg
1776年の県(州)分割
(16がサヴォラックス・カレーレン県(サヴォ・カルヤラ州))
成立 1775年
サヴォラックス・キュメネゴルド県が分割され成立
廃止 1831年
新設されるクオピオ州ミッケリ州に編入
州都 クオピオ
伝統州 サヴォ
カルヤラ

サヴォ・カルヤラ州サヴォ及びカルヤラ州フィンランド語: Savon ja Karjalan lääniスウェーデン語: Savolax och Karelens län)は、かつて存在したフィンランド1775年から1831年まで存在した。スウェーデン統治時代は、スウェーデン語でサヴォラックス・カレーレン県サヴォラックス及びカレーレン県という名前だった。

1775年に、サヴォラックス・キュメネゴルド県が、サヴォラックス・カレーレン県とキュメネゴルド県に分割されて成立。その後、1809年まで、スウェーデンの県として存続した。

1809年に、フィンランドはスウェーデン統治から離れ、ロシア帝国に割譲される。そしてロシア帝国の保護国であるフィンランド大公国が成立する。フィンランド大公国成立後もサヴォ・カルヤラ州として、そのままフィンランドの州として存続する。1831年に大部分が新設されるクオピオ州へと編入され、一部が同じく新設されるミッケリ州へと編入され消滅した。その後クオピオ州、ミッケリ州共に1997年まで存続したが、両州共に合併し東スオミ州となり消滅。東スオミ州も、2010年1月1日に他州と共に廃止され、フィンランドの州の歴史は幕を閉じた[1]

州域の変遷[編集]

歴代知事[編集]

  • Otto Ernst Boije 1775–1781
  • Georg Henrik von Wright 1781–1786
  • Simon Vilhelm Carpelan 1786–1791
  • Anders Johan Ramsay 1791–1803
  • Eric Johan von Fieandt 1803
  • Olof Wibelius 1803–1809
  • Simon Vilhelm Carpelan 1809–1810
  • Gustaf Aminoff 1810–1827
  • Carl Klick 1828–1829
  • Lars Sacklen 1829–1831

脚注[編集]

  1. ^ New regional administration model abolishes provinces in 2010”. HELSINGIN SANOMAT. 2012年7月15日閲覧。