エステルボッテン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エステルボッテン県
Österbottens län
Pohjanmaan lääni
Finnish counties 1721.jpg
1721年のフィンランドの県 (州)分割
(18がエステルボッテン県)
行政府所在地 ヴァーサ
成立 1634年
スウェーデン統治下で成立
廃止 1775年
ヴァーサ県ウレオボルイ県に分割

エステルボッテン県 (スウェーデン語: Österbottens länフィンランド語: Pohjanmaan lääni)は、かつて存在したスウェーデン統治下のフィンランド1634年から1775年まで存在した。フィンランド語では、ポフヤンマー州と呼ばれる。

1634年にフィンランド最初期の州(県)として成立した。その後、1775年に、ヴァーサ県ウレオボルイ県に分割されて消滅した。1809年フィンランド大公国が建国し、それぞれヴァーサ州、オウル州となった。特にオウル州は、フィンランドの全州が廃止される2009年末まで存続した[1]

州域の変遷[編集]

1635年のフィンランドの州 (県): 1: トゥルク・ポリ州, 14: ウーシマー・ハメ州, 18: ポフヤンマー州, 20: ヴィープリ・サヴォンリンナ州, 21: カキサルミ州
1721年のフィンランドの州 (県): 1: トゥルク・ポリ州, 14: ウーシマー・ハメ州, 18: ポフヤンマー州, 19: サヴォンンリンナ・キュメンカルタノ州
1776年のフィンランドの州 (県): 1: トゥルク・ポリ州, 4: ヴァーサ州, 10: オウル州, 14: ウーシマー・ハメ州, 15: キュメンカルタノ州, 16: サヴォ・カルヤラ州

歴代知事[編集]

  • Melcher Wernstedt 1635–1642
  • Hans Kyle 1642–1650
  • Ture Svensson Ribbing 1650–1654
  • Johan Graan 1654–1668
  • Jacob Duwall 1668–1669
  • Johan Graan 1669–1674
  • Didrik Wrangel af Adinal 1674–1685
  • Gustaf Grass 1685–1694
  • Johan Nilsson Ehrenskiöldh 1694–1706
  • Johan Stiernstedt 1706 (acting)
  • Lorentz Clerk 1706–1720
  • Reinhold Wilhelm von Essen 1720–1732
  • Carl Henrik Wrangel af Adinal 1732
  • Broor Rålamb 1733–1734
  • Carl Frölich 1734–1739
  • Gustaf Creutz 1739–1746
  • Gustaf Abraham Piper 1746–1761
  • Gustaf von Grooth 1761–1762
  • Carl Sparre 1763
  • Fredrik Henrik Sparre 1763
  • Lorentz Johan Göös 1763–1774
  • Fredrik Magnus von Numers 1774 (acting)

脚注[編集]

  1. ^ New regional administration model abolishes provinces in 2010”. HELSINGIN SANOMAT. 2012年7月15日閲覧。