化学的不均衡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

化学的不均衡(かがくてきふきんこう、chemical imbalance)は精神障害の原因に関する一つの仮説である。他の原因の仮説には、心理的、社会的な原因がある。

基本概念は、内の神経伝達物質の不均衡が精神状態の主な原因であり、これらの不均衡を正す薬物は精神状態を改善し得るというものである。この言葉は、脳化学の研究に由来する。1950年代、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)と三環系抗うつ薬うつ病の治療に効果があると偶然発見された[1]

統合失調症など、他の精神的な病気の研究でも発見があった。セロトニンノルアドレナリンドーパミンなど、モノアミン神経伝達物質の活動に精神的な病気との相関が見られた。この仮説はモノアミン仮説と呼ばれ、病態生理学薬物治療の分野で25年以上研究の中心にある[2]。また、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)などの新しい種類の薬の開発につながった[3]。「モノアミン仮説」は「うつ病のモノアミン仮説」を意味する時と「統合失調症のドーパミン仮説」など他の仮説を含んだ総称として用いられる時がある。

この概念的な枠組みには科学から疑義が呈されている。仮説は単純化し過ぎで欠陥が示されているからである。しかし、薬物治療の説明の助けとする分には有用である[2][4]アメリカ食品医薬品局(FDA)精神薬理学諮問委員会のウェイン・グッドマン(Wayne Goodman)委員長は、彼自身の精神科の患者には使わないが、化学的不均衡説を「有用な隠喩[注 1]」と述べている[5]

向精神薬が化学的な異常の原因になり得ることもよく知られているが、因果関係は決まって混同される。最初の化学説が登場した頃に知られていた脳内の神経伝達物質の数は4~5種類だが、現在は100種類を越えると推定され、向精神薬がはるかに多くの神経伝達物質に作用することも明らかになっている。化学的不均衡説には無理があるが、取って代わるような仮説がないだけでなく、薬物治療の促進に都合が良いという理由でしがみつかれている[6]

また、研究者が不都合な真実を語ると各方面から圧力が掛かることも指摘されている[7][8][9]。主に製薬業界が普及を推進しており、周辺業界に様々な働きかけを行っている。化学的不均衡の全体像を把握するためには、周辺事情の理解も必要である[10]

うつ病のモノアミン仮説[編集]

うつ病のモノアミン仮説は生物学的な仮説であり、脳内のモノアミン神経伝達物質セロトニンノルアドレナリンドーパミン等)の減少によって起こるとされる。しかし、今日に至るまで直接的な証拠は見つかっていない。確証を得られるような発見がなく、また、発見の多くは仮説に矛盾するか対立するものである。健康な人々に対して、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンを実験的に減少させても、全く気分に影響しない[11]

セロトニン仮説[編集]

1960年、エンジバラの研究者ジョージ・アシュクロフト(George Ashcroft)は、うつ病ではセロトニンの代謝産物(5-HIAA)の脳脊髄液中濃度が減少している可能性を発見した。この発見はうつ病のセロトニン仮説を生み出したが、より精度の高い試験では減少を確認できなかったため、アシュクロフトは間違いだったと結論付けた。1970年代前半、アシュクロフトらが精神医学受容体理論を導入した後、セロトニンやノルアドレナリンの減少が精神薬理学者の間で話題に上ったことはほとんどない[12]

カテコールアミン仮説[編集]

うつ病について、ヨーロッパの研究者はセロトニンを重視したが、北アメリカ大陸の研究者はノルアドレナリンを重視した。1961年、アメリカ国立衛生研究所(NIH)のジュリアス・アクセルロッドは、「イミプラミン」のような三環系抗うつ薬がノルアドレナリンの再取り込みを阻害することを発見した。1965年、アメリカ国立精神衛生研究所英語版(NIMH)のジョセフ・シルドクラウト(Joseph Schildkraut)は「感情障害のカテコールアミン仮説」を発表し、うつ病ではノルアドレナリンが減少しており、抗うつ薬はノルアドレナリンを増加させると主張した[12][13][14][15]

直接的な根拠はほとんどなく、シルドクラウトは「根拠のほとんどは間接的で、感情の変化を引き起こすレセルピンアンフェタミン、そしてモノアミン酸化酵素阻害作用のある抗うつ薬など、薬の薬理学的研究から推論しています[注 2]」と述べている。カテコールアミン仮説は、抗うつ薬には偽薬より効果があるという仮定と、ノルアドレナリンを減少させる「レセルピン」に抗うつ薬としての効果があると知らなかったことによる勘違いである[11][17]。「レセルピン」によって一部の患者に生じる抑うつ症状や自殺は、うつ病ではなく、アカシジアである[18]

統合失調症のドーパミン仮説[編集]

統合失調症の原因を研究する中で、脳の中脳辺縁系経路のドーパミン機能に関心が置かれた。この関心は主に、フェノチアジンとして知られるドーパミン機能を遮断する薬剤群が精神症状を減らしたという偶然の発見によるものである。また、ドーパミンの放出を引き起こすアンフェタミンが統合失調症の精神症状を悪化させる可能性があるという事実によっても支持されている[19]

統合失調症のドーパミン仮説として知られる有名な仮説は、統合失調症の(陽性症状の)原因はドーパミン経路の機能不全が関係していると述べている。この仮説は、現在、過度に単純化し過ぎていると全般に説明されている。一因は、(非定型抗精神病薬と呼ばれる)新しい抗精神病薬は(定型抗精神病薬と呼ばれる)古い薬と同等の効果があり、また、セロトニン機能に作用し、ドーパミンの遮断効果がやや少ないからである[20]

議論[編集]

本項では周辺事情も扱うものとする。

1960年代、70年代、アメリカ国立精神衛生研究所英語版の研究者らは、ほとんどのうつ病は治療を行わなくても長期的には自然回復する、と述べていた。むしろ、数ヶ月以内の自然回復率が50%を越えるため、薬物治療の有効性の判断は難しい[21][22][23][24]

1988年、ニューヨーク州立大学トーマス・サズ英語版博士は「統合失調症はとても曖昧に定義されています。実のところ、話し手の気に入らない行動のほとんど全てにしばしば適用される用語です [注 3]」と述べている[25]

1996年、アメリカ国立精神衛生研究所英語版スティーブン・ハイマン英語版所長とイェール大学エリック・ネスラー英語版博士は「向精神薬の長期投与は、ほとんど全ての自然刺激の耐久力や回復力の限界を確実に越えるようで、神経伝達物質の機能に混乱を引き起こします[注 4]」と述べている[26]

1998年、ミシガン大学エリオット・ヴァレンスタイン博士は「生きている人間の脳の化学的な状態を評価するための検査法は、存在しないのが現実だ[注 5]」と述べている。精神科医などは、脳内に化学的不均衡があると説明するが、科学的な根拠があるわけではない。また、専門家の間では、化学的不均衡説は辻褄が合わないことが古くから知られており、向精神薬の処方には合理的な理由がないのが実情である[27]

2000年、ハーバード大学医学大学院精神医学の臨床講師を務める精神科医のジョゼフ・グレンマレン(Joseph Glenmullen)は「ここ数十年間、私たちは精神医学的症状の生化学的不均衡と言われる状態を証明できると考えていました。これらの試みは熱心に行われましたが、一つも証明されませんでした。正反対です。そのような不均衡が見つかったと思われた全ての事例で、それは間違いだったとその後証明されました[注 6]」と述べている[28]

2002年、アメリカ精神医学会企業献金委員会のステファン・ゴールドフィンガー(Stephen Goldfinger)委員長は、製薬会社による精神科医の囲い込みについて、「製薬会社は道徳観念のない一団です。彼らは慈善団体ではありませんから、操り糸も付けずに大金を寄付するなど到底あり得ません[注 7]」と述べている[29][30]

アメリカ精神医学会DSM-Vに向けて出版した『DSM-V研究行動計画』は、精神障害の生化学的指標について、一つとして発見されていないと報告している[31]

2003年、アメリカ精神医学会スティーブン・シャーフスタイン副会長は、精神保健システムが細分化される理由について、「生き残るために、私たち(精神科医)は金のあるところに行かねばなりません[注 8]」と証言している[32]。日本では医師法第17条によって診療を行う者が医師に限定されているが、アメリカ合衆国では医師ではないサイコロジストにも法的に診療が認められている。精神医学を使う薬物療法中心の精神科医と臨床心理学を使う心理療法中心のサイコロジストに分かれており、商売上の競合がある。また、精神科医は心理療法のトレーニングをほとんど受けていない[33][34]。精神科医にとって細分化とは、DSMで精神障害の種類[注 9]を増やし、様々なサービスを生み出し、薬物療法を推進することを意味している。

2004年、カーディフ大学デイヴィッド・ヒーリーDavid Healy)博士は「今日にいたるまで、うつ病でのセロトニン異常が証明されたことは一度もない」と述べている。また、健康な人にSSRIを投与すると焦燥、不安、自殺傾向などを示すことがある。この事実は、1980年代に製薬会社の研究によって証明されている。健康なボランティアに対して行われた「ゾロフト」の試験では、かなり重症化し、第1週のうちに全員脱落している。SSRIを服用する人の大部分は、内因性のうつ症状を持つ人よりむしろ、健康なボランティアにずっと近い人々である[36]

The New England Journal of Medicine』の前編集長であり、ハーバード大学医学大学院で上級講師を務める内科医のマーシャ・エンジェル英語版は「昔々、製薬会社は病気を治療する薬を売り込んでいました。今日では、しばしば正反対です。彼らは薬に合わせた病気を売り込みます[注 10]」と述べている。一例として、月経前不快気分障害は、「プロザック」の名称を「サラフェム」と変更しただけの薬を月経前症候群用に販売し、生まれた診断名である[38]

2005年、抗うつ薬に対するトム・クルーズの発言が議論を巻き起こし、メディアに追求されたアメリカ精神医学会スティーブン・シャーフスタイン会長が、『People』誌で、脳内の化学的不均衡の証明について、「明確な検査法は存在しません[注 11]」と認める事態になった[39]。脳スキャン技術による診断の目処も立っていない[40]

有害な精神科治療を調査したボストン・グローブ紙の連載で、1998年、ピューリッツァー賞の最終候補に残ったこともある医療ジャーナリストロバート・ウィタカー英語版によれば、研究文献を調べると、抗精神病薬抗うつ薬抗不安薬ADHD治療に使われる「リタリン」のような覚醒剤の全てに共通のパターンが見られる。短期間、たとえば、6週間であれば、対象症状について、偽薬よりわずかに上回る効果を得られる可能性があるが、長期間になると、全ての対象症状で偽薬を投与された患者より悪化し、慢性化、重症化している。また、かなり著しい割合で、新たな精神症状やより重い精神症状が薬物自体によって引き起こされている [41]

2006年、DSM-IVの作成に関与した精神医学の専門家の56%(170人中95人)に、向精神薬を販売する製薬会社と金銭的なつながりがあったことが判明した。感情障害精神病性障害psychotic disorders)の作業グループでは100%であった。マサチューセッツ大学臨床心理学者であるリサ・コスグローヴ[42]博士は「精神医学の分野における金銭的なつながりがどれ程ひどいのか、私は大衆が気づいているとは思いません[注 12]」と述べている[43][44]

2008年、精神科医のピーター・クレイマー(Peter Kramer)は、うつ病のセロトニン仮説は早計で破綻していると明言している[45]。また、セロトニン欠乏がうつ病の決定的な役割を担うとする研究に反論しており、反論で挙げる研究分析によれば、そのような主張は時期尚早である[46]

ニューヨーク州立大学トーマス・サズ英語版博士は「自然科学事業の健全性は、私たちが『科学的』と呼ぶ活動に従事する各人が、真実を探求して真実を語る、また、誤った説明と虚偽の『事実』を暴いて排除するという科学的共同体の約束で成り立っています。対照的に、宗教の安定性、精神医学の偽装信仰、いわゆる行動科学は、議論の余地のない教義としきたりに対する担い手の忠誠、それに基づいた集団の繁栄に害を及ぼすような真実を語ることへの拒絶から成り立っています[注 13]」「プロフェッショナルの信頼性を保つために、精神医学の歴史家、精神科医のような者は、が実在するのと同じ感覚で、心の病は実在すると信じるか、信じているふりをしなければなりません。その結果、彼らは鼻の先にある現実を見る危険を冒すことができません[注 14]」と述べている[47][48]

2009年、偽薬効果を研究するハル大学アービング・カーシュ博士は「支持できる証拠が乏しいどころか、化学物質不均衡説は間違いでしかないと膨大なデータが語っている」と述べている。抗うつ薬には不活性プラセボ(副作用のない偽薬)を若干上回る程度の効果しかなく、両者の差は副作用の有無だと指摘している。副作用が起きると本物だと分かり、被験者の期待が高まるからである。活性プラセボ(副作用のある偽薬)を用いた臨床試験では、抗うつ薬との間に有意な差は見られなかった。また、禁断症状が出る可能性があり、「医師に相談することなく抗うつ薬の服用を中断しないこと」と警告している。急な断薬ではなく、徐々に減薬することが重要である。『Coming Off Antidepressants: Successful Use and Safe Withdrawal』(Joseph Glenmullen、2006年)は抗うつ薬を中止する方法が分かる優れた一冊である[49]

2010年、抗うつ薬の効果について、医師側から二つの反論がある。一つは、アメリカ食品医薬品局偽薬より効果があると示す2件の臨床試験を要求しており、効果のない薬を承認するはずがない、という反論である。しかし、2件であり、他の大多数の臨床試験が効果がないと示していても良い。また、要求は統計的有意差であり、臨床的有意差(医薬品と偽薬の効果の差)の大きさは考慮されていない。もう一つは、医師は臨床現場で効果を確認している、という反論である。しかし、医師は偽薬を使うことがほとんどないため、偽薬に1錠4ドルする薬と同程度の効果があるとは考えない。また、専門家は抗うつ薬に効果がないとは言っていない。何も処方しないより偽薬を処方したほうが効果があり、抗うつ薬には偽薬程度の効果がある。問題としているのは抗うつ薬の効果が偽薬効果か否かである。「ゾロフト」を製造するファイザー社のスポークスパーソンは、抗うつ薬が「一般に偽薬と区別できないこと[注 15]」は「アメリカ食品医薬品局、学界、製薬業界でよく知られている事実です[注 16]」と述べている[50][51]

2012年、DSM-IVアレン・フランセス編纂委員長は「精神医学における生物学的検査というのは未だにありません」「誤解を招きやすい考えの一つが、精神科の問題はすべて化学的アンバランスによるもので、服薬で病気が治るという考え方です。この考えによって、製薬会社は過去30年にわたって薬を売ることができたわけです」と述べている。精神科の軽度~中程度の症状には、心理療法が少なくとも薬物療法と同じくらい効果がある。心理療法のほうが持続効果は長く、副作用も少ないが、非常に多くの人が必要のない薬物療法を受けている[52]

2013年、国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦室長は「精神科では依存性のある薬を使わざるを得ない場面もあるが、漠然とした投薬や診察なしの投薬は避けるべきだ」と指摘している。睡眠薬精神安定剤として、多くの診療科で処方されるベンゾジアゼピン系薬剤は依存性の高さが指摘されている。薬物依存症について、精神科医からは「内科などの不適切な処方が問題」との意見が出ていたが、同センターなどの調査によれば、依存症の専門外来を受診した患者の84%は精神科治療によって引き起こされている[53][54]

脚注[編集]

  1. ^ 原文: “useful metaphor” [5]
  2. ^ 原文: “Most of this evidence is indirect, deriving from pharmacological studies with drugs such as reserpine, amphetamine and the monoamine oxidase inhibitor antidepressants which produce affective changes.” [16]
  3. ^ 原文: “Schizophrenia is defined so vaguely that, in actuality, it is a term often applied to almost any kind of behavior of which the speaker disapproves.” [25]
  4. ^ 原文: “Chronic administration of psychotropic drugs creates perturbations in neurotransmitter function that likely exceed the strength or time course of almost any natural stimulus.” [26]
  5. ^ 原文: “the reality that there are no tests available for assessing the chemical status of a living person's brain.” [27]
  6. ^ 原文: “In recent decades, we have had no shortage of alleged biochemical imbalances for psychiatric conditions. Diligent though these attempts have been, not one has been proven. Quite the contrary. In every instance where such an imbalance was thought to have been found, it was later proven false. ” [28]
  7. ^ 原文: “ The pharmaceutical companies are an amoral bunch. They're not a benevolent association. So, they are highly unlikely to donate large amounts of money without strings attached.” [29][30]
  8. ^ 原文: “In order to survive, we must go where the money is.” [32]
  9. ^ DSM-I(1952年)106種類、DSM-II(1968年)182種類、DSM-III(1980年)265種類、DSM-III-R(1987年)292種類、DSM-IV(1994年)374種類、DSM-IV-TR(2000年)374種類[35]
  10. ^ 原文: “Once upon a time, drug companies promoted drugs to treat diseases. Now it is often the opposite. They promote diseases to fit their drugs.” [37]
  11. ^ 原文: “We do not have a clean-cut lab test.” [39]
  12. ^ 原文: “I don't think the public is aware of how egregious the financial ties are in the field of psychiatry,” [43]
  13. ^ 原文: “The integrity of the natural scientific enterprise depends on truth-seeking and truth-speaking by individuals engaged in activities we call “scientific,” and on the scientific community’s commitment to expose and reject erroneous explanations and false “facts.” In contrast, the stability of religions and the ersatz faiths of psychiatry and the so-called behavioral sciences depends on the loyalty of its practitioners to established doctrines and institutions and the rejection of truth-telling as injurious to the welfare of the group that rests on it.” [47]
  14. ^ 原文: “to retain their professional credibility, psychiatric historians, like psychiatrists, must believe-or must pretend to believe-that mental illnesses are real in the same sense that cancers are real. As a result, they cannot risk seeing what is in front of their noses.” [48]
  15. ^ 原文: “commonly fail to separate from placebo” [50]
  16. ^ 原文: “a fact well known by the FDA, academia, and industry.” [50]

出典[編集]

  1. ^ Trujillo, Keith A. Drugs and the Brain: Antidepressants
  2. ^ a b Johan A Den Boer. "Looking Beyond the Monoamine Hypothesis," European Neurological Review, 2006;6(1):87-92.
  3. ^ Mental Illness - GSU Biology 4102 / 6102
  4. ^ Schildkraut. “The Catecholamine Hypothesis of Affective Disorders: A review of Supporting Evidence”. Am J Psychiatry 122 (5): 509. http://ajp.psychiatryonline.org/article.aspx?articleid=150108. 
  5. ^ a b Television adverts for antidepressants cause anxiety, from New Scientist. Published November 12, 2005; accessed November 17, 2007.
  6. ^ Elliot Valenstein 1998, pp. 4, 95-96 (翻訳書は エリオット・ヴァレンスタイン 2008, pp. 5-6, 126-127)
  7. ^ Irving Kirsch 2009, pp. 177-180 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 240-243)
  8. ^ David Healy 2004, pp. 215-217 (翻訳書は デイヴィッド・ヒーリー 2005, pp. 292-295)
  9. ^ Robert Whitaker 2009, pp. 304-307 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, pp. 452-456)
  10. ^ Elliot Valenstein 1998, ch. 6 (翻訳書は エリオット・ヴァレンスタイン 2008, ch. 6)
  11. ^ a b Irving Kirsch 2009, pp. 90-92 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 126-128)
  12. ^ a b David Healy 2004, pp. 11-12 (翻訳書は デイヴィッド・ヒーリー 2005, pp. 23-24)
  13. ^ Irving Kirsch 2009, pp. 85-86 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 118-120)
  14. ^ The catecholamine hypothesis of affective disorders: a review of supporting evidence. 1965 [classical article] - Schildkraut 7 (4) 524 - J Neuropsychiatry Clin Neurosci
  15. ^ Joseph J. Schildkraut obituary, New York Times (July 8, 2006)
  16. ^ Irving Kirsch 2009, p. 90 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, p. 126)
  17. ^ David Healy 2004, p. 13 (翻訳書は デイヴィッド・ヒーリー 2005, p. 26)
  18. ^ David Healy 2004, pp. 12-15 (翻訳書は デイヴィッド・ヒーリー 2005, pp. 25-28)
  19. ^ Laruelle M; Abi-Dargham A, van Dyck CH, Gil R, D'Souza CD, Erdos J, McCance E, Rosenblatt W, Fingado C, Zoghbi SS, Baldwin RM, Seibyl JP, Krystal JH, Charney DS, Innis RB (1996). “Single photon emission computerized tomography imaging of amphetamine-induced dopamine release in drug-free schizophrenic subjects”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA 93 (17): 9235–40. Bibcode 1996PNAS...93.9235L. doi:10.1073/pnas.93.17.9235. PMC 38625. PMID 8799184. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=38625. 
  20. ^ Jones HM; Pilowsky LS (2002). “Dopamine and antipsychotic drug action revisited”. British Journal of Psychiatry 181 (4): 271–275. doi:10.1192/bjp.181.4.271. PMID 12356650. 
  21. ^ Robert Whitaker, "Antidepressants/Depression," Anatomy of an Epidemic Documents. Retrieved June 11 2013.
  22. ^ Robert Whitaker 2009, pp. 152-153 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, pp. 224-225)
  23. ^ Jonathan Cole, "Therapeutic efficacy of antidepressant drugs," Journal of the American Medical Association, 1964, pp. 448-55, 190(5).
  24. ^ Dean Schuyler, The Depressive Spectrum, New York: Jason Aronson, 1974, p. 47. ISBN 978-0876681879.
  25. ^ a b Thomas Szasz 1988, p. 87
  26. ^ a b Steven Hyman; Eric Nestler (1996). “Initiation and adaptation: a paradigm for understanding psychotropic drug action”. American Journal of Psychiatry 153 (2): 151-162. PMID 8561194. 
  27. ^ a b Elliot Valenstein 1998, p. 4 (翻訳書は エリオット・ヴァレンスタイン 2008, p. 5)
  28. ^ a b Joseph Glenmullen 2000, p. 196
  29. ^ a b Ellen Barry (May 28, 2002). “Psychiatrists become drug firms' targets”. The Boston Globe. 
  30. ^ a b Marcia Angell 2004, p. 147
  31. ^ David J. Kupfer, Michael B. First & Darrel A. Regier 2002, pp. xv, xviii
  32. ^ a b MH System Reform Must Start With Funding”. PsychiatryOnline. (January 3, 2003). 
  33. ^ 小林和夫サイコロジストと保険会社」2013年6月24日閲覧。
  34. ^ Kuraoka Clinicカウンセリング - サイコロジストとは」2013年6月24日閲覧。
  35. ^ Lloyd L. Lyter; Sharon C. Lyter (2013), DSM 5: A Primer, Pennsylvania: National Association of Social Workers, http://www.nasw-pa.org/resource/resmgr/dsm_5-_a_primer.ppt .
  36. ^ David Healy 2004 (翻訳書は デイヴィッド・ヒーリー 2005, pp. 24, 256-257, 263-264)
  37. ^ Marcia Angell 2004, p. 86 (翻訳書は マーシャ・エンジェル 2005, p. 111)
  38. ^ Marcia Angell 2004, pp. 83, 86, 188-189 (翻訳書は マーシャ・エンジェル 2005, pp. 108, 111-112, 235-236)
  39. ^ a b People: Time Inc. July 11, 2005.
  40. ^ Benedict Carey "Can Brain Scans See Depression?" The New York Times 2005年10月18日。(邦訳は『脳スキャンで鬱が見えるか』)
  41. ^ Terry Messman, "Psychiatric Drugs: An Assault on the Human Condition - Street Spirit Interview with Robert Whitaker," American Friends Service Committee, August 27 2005.
  42. ^ 教職員紹介「Lisa Cosgroveマサチューセッツ大学ボストン校
  43. ^ a b Shankar Vedantam (2006年4月20日). “Experts Defining Mental Disorders Are Linked to Drug Firms”. Washington Post 
  44. ^ BENEDICT CAREY (2006年4月20日). “Study Finds a Link of Drug Makers to Psychiatrists”. New York Times 
  45. ^ Peter Kramer「The "Chemical Imbalance" Theory: Dead or Alive?Psychology Today のブログ、2008年4月14日。
  46. ^ "Is Clinical Depression Caused by a Serotonin Imbalance?" A Response to Peter Kramer.
  47. ^ a b Thomas Szasz 2008, pp. ix-x
  48. ^ a b Thomas Szasz 2008, p. 5
  49. ^ Irving Kirsch 2009 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 18, 30-37, 208-209)
  50. ^ a b c Sharon Begley「The Depressing News About Antidepressants」Newsweek国際版2010年1月28日。(邦訳は「がっかりする抗鬱剤」)
  51. ^ Irving Kirsch 2009 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 71-72, 79-81)
  52. ^ 精神医学「DSM-5をめぐって─Dr. Allen Francesに聞く」医学書院2012年8月(54巻8号)
  53. ^ “精神科治療で薬物依存症 専門外来受診の84%”. 読売新聞. (2013年6月21日朝刊) 
  54. ^ “向精神薬依存:8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」−−専門機関調査”. 毎日新聞. (2013年6月19日). http://mainichi.jp/select/news/20130619mog00m040012000c.html 

参考文献[編集]

関連項目[編集]