病態生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

病態生理学(びようたいせいりがく、: Pathophysiology)は、人体の正常な機能が異常をきたしたり、調節機能が破綻して病気の身体機能の状態と破綻をきたす原因を解き明かす学問である。病理生理学ともいう。病理学とほぼ似通っている学問ではあるがこちらは診断に必要であることから生理学をメインとしている。これらを化学的に解明する学問を病態生化学という。 以下のような学問体系がある。

学問体系[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]