加藤淳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 淳子(かとう じゅんこ、1961年[1]6月 - )は、日本政治学者文学者。専攻は、政治過程論公共政策論、比較政治学東京大学大学院法学政治学研究科教授。再分配政策決定過程、政党連合理論等の研究で有名。近年は、神経政治学(ニューロ・ポリティクス)と呼ばれる、政治学と脳神経科学の融合を目指した研究を行っている[2][3]

経歴[編集]

東京都生まれ[1]静岡県立浜松北高等学校[4]、東京大学入学後、佐藤誠三郎らの影響を受け、1984年 東京大学教養学部後期課程教養学科を卒業[2]、86年 同大学大学院総合文化研究科相関社会科学専攻修士課程修了[2]、同年よりイェール大学大学院政治学部に留学し、89年 修士号[2]、92年 博士号取得[2]。93年 帰国し、東京大学大学院総合文化研究科助教授となり[2]、その後現職。イェール大学客員研究員(2007年-2008年)[2]。2012年12月1日から文部科学省日本ユネスコ国内委員会委員。 ひらがな表記の「かとうじゅんこ」名義で童話も書いている。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Problem of Bureaucratic Rationality: Tax Politics in Japan. (Princeton University Press, 1994)
  • 『税制改革と官僚制』(東京大学出版会 1997年)ISBN 978-4130301084
  • にじとそらのつくりかた(かとうじゅんこ)理論社 1999.3 (おはなしランドくじらの部屋) ISBN 978-4652002889
  • Regressive Taxation and the Welfare State: Path Dependence and Policy Diffusion. (Cambridge University Press, 2003)
  • 月の剣の物語 抜けなくなった剣(かとうじゅんこ)理論社 2009.9 (おはなしルネッサンス)ISBN 978-4652013175

共著[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 政治学の方法 加藤淳子/境家史郎/山本健太郎【編】-紀伊國屋書店ウェブストア”. 紀伊國屋書店ウェブストア. 紀伊國屋書店. 2019年5月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Junko Kato's Lab
  3. ^ 人文学及び社会科学の振興に関する委員会(第6期)(第3回) 議事録, 同・配布資料 2016年8月14日 最終閲覧
  4. ^ 濱松一中・浜松北高同窓会総会:関東支部総会まであと一週間”. 濱松一中・浜松北高同窓会総会. 濱松一中・浜松北高同窓会総会 (2015年6月13日). 2019年5月17日閲覧。