吉野孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉野 孝(よしの たかし、1954年 -)は、日本政治学者。専門は英米政治学

経歴[編集]

長野県生まれ。1978年早稲田大学政治経済学部卒業。1988年、同大学院政治研究科博士課程退学。1988年、早稲田大学政治経済学部講師1990年、早稲田大学政治経済学部助教授フルブライト・プログラムにて、ウィスコンシン大学マディソン校留学。1995年早稲田大学政治経済学部教授。2004年、早稲田大学政治経済学術院教授。早稲田大学総合政策科学研究所研究員、早稲田大学日米研究機構長、新宿区議会議員政治倫理審査会会長。元ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)客員研究員。

共著[編集]

  • 『アメリカの政治と社会』(有斐閣, 1995年)
  • 『現代アメリカ政治の変容』(勁草書房, 1999年
  • 『現代日本政治小辞典』(ブレーン出版, 1999年)
  • 『政治学事典』(弘文堂, 2000年
  • 『現代の政治と選挙』(有斐閣, 2001年
  • 『誰が政治家になるのか―候補者選びの国際比較』(早稲田大学出版部, 2001年)
  • 『最新版 現代日本政治小辞典』(ブレーン出版, 2001年)
  • 『2003年度版 現代日本政治小辞典』(ブレーン出版, 2003年
  • 『2005年度版 現代日本政治小辞典』(ブレーン出版, 2005年
  • 『2008年 アメリカ大統領選挙―オバマの当選は何を意味するのか』(東信堂, 2009年
  • 『オバマ政権はアメリカをどのように変えたのか―支持連合・政策成果・中間選挙』(東信堂, 2010年
  • 『世界政治経済と日本・米国・中国』(東洋経済新報社, 2010年)
  • 『東アジア統合の政治経済・環境協力』(東洋経済新報社, 2011年)
  • 『オバマ後のアメリカ政治―2012年大統領選挙と分断された政治の行方』(東信堂, 2014年)
  • 『政治を学ぶための基礎知識 論点 日本の政治』(東京法令出版, 2015年)

監修[編集]

  • 『変容するアジアと日米関係』(東洋経済新報社,2012年)

所属学会[編集]

外部リンク[編集]