平野浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平野 浩
(ひらの ひろし)
人物情報
生誕 (1959-09-19) 1959年9月19日(62歳)
日本の旗 日本大阪府
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学政治経済学部
学習院大学大学院政治学研究科
学問
研究分野 政治行動論
計量政治学
選挙研究
政治過程論
政治心理学
研究機関 学習院大学
学位 政治学博士 学習院大学
学会 International Society of Political Psychology
International Political Science Association
American Political Science Association
International Society for Justice Research
日本社会学会
日本社会心理学会
日本選挙学会
日本政治学会
主な受賞歴 政治研究櫻田會賞奨励賞
脚注
テンプレートを表示

平野 浩(ひらの ひろし、1959年9月19日 - )は、日本の政治学者学習院大学法学部教授。専門は政治心理学、計量政治学。

略歴[編集]

大阪府生まれ。神奈川県立湘南高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。学習院大学大学院政治学研究科博士後期課程修了(政治学博士)。愛知県立大学明治学院大学を経て、現職。学習院では田中靖政に師事した。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『変容する日本の社会と投票行動』(木鐸社, 2007年)

共著[編集]

共編著[編集]

論文[編集]

  • 「選挙研究における『業績評価・経済状況』の現状と課題」『選挙研究』13号(1998年)
  • 「投票参加の社会心理――意思決定プロセスとコスト/ベネフィットのタイポロジー」『明治学院論叢』635号(1999年)
  • 「選挙と広報――参加と熟慮のための情報提供を考える」『広報研究』4号(2000年)
  • 「社会関係資本と政治参加――団体・グループ加入の効果を中心に」『選挙研究』17号(2002年)
  • 「政党支持概念の再検討――社会的アイデンティティ理論によるアプローチ」『学習院大学法学会雑誌』38巻1号(2002年)
  • "The Internet and Social Capital in Japan" 『学習院大学法学会雑誌』38巻2号(2003年)
  • "Split-ticket Voting under the Mixed Electoral System in Japan" 『選挙学会紀要』2号(2004年)
  • 「政治・経済的変動と投票行動――90年代以降の日本における経済投票の変容」『日本政治研究』1巻2号(2004年)
  • 「政治的対立軸の認知構造と政党――有権者関係」『レヴァイアサン』35号(2004年)
  • 「小泉内閣下の国政選挙における業績評価投票」『年報政治学2005』1号(2005年)

外部リンク[編集]