川人貞史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川人 貞史
(かわと さだふみ)
人物情報
全名 川人 貞史
(かわと さだふみ)
生誕 (1952-12-07) 1952年12月7日(65歳)
日本の旗 日本富山県高岡市
学問
時代 20世紀 - 21世紀
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 政治学
研究機関 東京大学
東北大学
北海道大学
主要な作品 『日本の政党政治 1890-1937年』(東京大学出版会, 1992年)
『選挙制度と政党システム』(木鐸社, 2004年)
『日本の国会制度と政党政治』(東京大学出版会,2005年)
その他多数
影響を
受けた人物
京極純一東京大学在学中に師事)
学会 日本政治学会
日本選挙学会
主な受賞歴 日本学士院賞(2009年度)
テンプレートを表示

川人 貞史(かわと さだふみ、1952年(昭和27年)12月7日[1] - )は、日本政治学者帝京大学教授、前東京大学教授。専門は、日本政治、選挙研究。第一次資料に基づく実証分析を重視しつつ、新制度論政治学による日本政治についての理論構築を志向している。富山県高岡市生まれ。

経歴[編集]

略歴は以下のとおり[2]

学歴[編集]

職歴[編集]

その他の職歴[編集]

2008年から日本選挙学会(JAES)理事長。

恩師[編集]

指導教官は京極純一

主な受賞歴[編集]

2009年度(平成21年度)に『選挙制度と政党システム』および『日本の国会制度と政党政治』で日本学士院賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本の政党政治 1890-1937年――議会分析と選挙の数量分析』(東京大学出版会, 1992年)
  • 『選挙制度と政党システム』(木鐸社, 2004年)
  • 『日本の国会制度と政党政治』(東京大学出版会,2005年)
  • 『シリーズ日本の政治1 議院内閣制』 (東京大学出版会,2015年)

共著[編集]

  • 阿部齊新藤宗幸)『日本の政治』(放送大学教育振興会, 1986年)
  • (阿部斉・新藤宗幸)『概説 現代日本の政治』(東京大学出版会, 1990年)
  • The Government and Politics of Japan, with Hitoshi Abe and Muneyuki Shindo, trans. by James W. White, (University of Tokyo Press, 1994).
  • 吉野孝平野浩加藤淳子)『現代の政党と選挙』(有斐閣, 2001年 新版 2011年)

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川人貞史とはコトバンク
  2. ^ プロフィールと研究東京大学川人貞史研究室

外部リンク[編集]