加古川市立平荘小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加古川市立平荘小学校
Heiso elementary school.jpg
過去の名称 平荘尋常小学校
平荘尋常高等小学校
平荘国民学校
平荘村立平荘小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 加古川市
設立年月日 1893年11月22日
創立記念日 11月22日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 675-1221
兵庫県加古川市平荘町山角467

北緯34度48分9.9秒 東経134度52分21.5秒 / 北緯34.802750度 東経134.872639度 / 34.802750; 134.872639座標: 北緯34度48分9.9秒 東経134度52分21.5秒 / 北緯34.802750度 東経134.872639度 / 34.802750; 134.872639
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

加古川市立平荘小学校(かこがわしりつ へいそうしょうがっこう)は、兵庫県加古川市平荘町にある市立小学校である。

沿革[編集]

経緯[編集]

平荘小学校は、1893年(明治26年)、平荘上荘組合立小学校として設立された。その後、1909年(明治42年)に高等科を併置し、平荘尋常高等小学校に改称した。第二次世界大戦降伏後の学制改革によって、平荘村立平荘小学校となり、1955年(昭和30年)、現行名の加古川市立平荘小学校となった。

年表[編集]

  • 1873年4月
    • 印南郡山角村、芝村、中村の3村により化成小学校(山角村)が設立
    • 印南郡一本松新村、小畑村、西山村、神木村の4村により普及小学校(小畑村)が設立
    • 印南郡上原村、陰山新村、寺谷村、中山新村により紅巌小学校(陰山新村)が設立
    • 印南郡里村、池尻村により柳翠小学校(里村)が設立
  • 1875年 - 化成小学校、普及小学校、紅巌小学校、柳翠小学校、巌上小学校(薬栗村、小野村による組合立小学校)を併合し、化成小学校(神木村)が設立
  • 1877年 - 平荘小学校に改称し、山角村に移転
  • 1885年 - 都染村、見土呂村、井口村の組合立である髻峰小学校を分校とする
  • 1887年4月 - 山角尋常小学校に改称
  • 1889年4月1日 - 町村制施行により山角村・養老村・里村・池尻村・西山村・小畑村・一本松新村・神木村・上原村・中山新村・磐村が合併して平荘村が、見土呂村・白沢新村・井ノ口村・国包村・都染村・薬栗村・小野村が合併して上荘村が発足
  • 1893年4月 - 平荘上荘組合立平荘尋常小学校に改称
  • 1900年4月 - 第三印南高等小学校の廃校により、高等科を併置し、平荘尋常高等小学校に改称
  • 1902年3月 - 平荘上荘両村組合立高等小学校設立により、高等科を廃止し、平荘尋常小学校に改称
  • 1903年3月 - 印南郡上荘村との組合立を解き、平荘村立平荘尋常小学校に改称
  • 1905年5月 - 実業補習学校を併設する
  • 1909年
    • 3月 - 実業補習学校を廃止する
    • 4月 - 平荘上荘両村組合立高等小学校廃校により、高等科を併置し、平荘尋常高等小学校に改称
  • 1941年 - 平荘村立平荘国民小学校に改称
  • 1947年 - 平荘村立平荘小学校と改称
  • 1955年4月 - 平荘村が加古川市に編入。これにより加古川市立平荘小学校と改称
  • 1956年12月 - 給食室完成、給食開始
  • 1958年7月 - 防火用水池水泳用プール完成
  • 1977年3月 - 体育館竣工
  • 1981年3月 - 新校舎完成(現在の西館)
  • 1984年11月 - 校区同和教育協議会研究発表会
  • 1990年
    • 4月 - 新校舎増改築竣工式
    • 9月 - 運動場整備完了
  • 1993年11月 - 創立100周年記念式典実施
  • 1994年11月 - 市指定体育科研究発表会
  • 2006年11月 - 道徳教育研究発表会
  • 2012年11月 - 東・北播磨 国語科研究発表大会
  • 2013年11月 - 創立120周年記念式典実施

教育目標[編集]

自ら学び続ける心豊かな平荘っ子の育成

学校行事[編集]

  • 4月 入学式 始業式
  • 5月 運動会
  • 6月 トライやるウィーク
  • 7月 終業式
  • 8月
  • 9月 始業式 自然学校
  • 10月 修学旅行
  • 11月 連合音楽会
  • 12月 終業式
  • 1月 始業式
  • 2月
  • 3月 卒業式 修了式

通学区域[編集]

平荘町池尻・一本松・磐・上原・神木・小畑・里・新中山・中山・西山・山角・養老[1]

進学先中学校[編集]

全域が加古川市立両荘中学校の校区である。

両荘地区小中一貫校構想[編集]

両荘地区は加古川市内でも特に児童生徒数の減少が著しく、子どもたちのより良い教育環境の確保のため、平成29年度より様々な協議が重ねられた。その結果、令和2年7月に、平荘小学校及び上荘小学校を統合して現在の両荘中学校の敷地に、増改築により施設一体型小中一貫校を整備する方針を決定した。この一貫校の形態については、市内初の義務教育学校とすることが決まり、令和6年度の開校を目指している[2][3]

校区内の主な施設[編集]

交通[編集]

通学区域が隣接している学校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 校区の確認について加古川市教育委員会
  2. ^ 両荘地区小中一貫校基本構想の策定について加古川市教育委員会
  3. ^ 両荘地区の小中一貫校 9年制の義務教育校に 加古川市神戸新聞NEXT

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]