劉翼飛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
劉翼飛
Liu Yifei.jpg
Who's Who in China 4th ed. (1931)
プロフィール
出生: 1893年8月25日
光緒19年7月14日)
死去: 1968年7月28日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国天津市
出身地: 清の旗 盛京将軍管轄区奉天府鉄嶺県
職業: 政治家・実業家
各種表記
繁体字 劉翼飛
簡体字 刘翼飞
拼音 Liú Yìfēi
和名表記: りゅう よくひ
発音転記: リウ イーフェイ
ラテン字 Liu I-fei
テンプレートを表示

劉 翼飛(りゅう よくひ)は中華民国の軍人。奉天派に属した。旧名は輔庭鑄宇。別号は覚僧痩侠。後に翼飛と改名した。

事跡[編集]

1908年光緒34年)、奉天陸軍小学に入学する。在学中の1910年宣統2年)に中国同盟会に加入した。その後、北京清河陸軍中学に転学してこれを卒業している。1916年民国5年)8月、保定陸軍軍官学校第5期歩兵科に入学した。1918年(民国7年)9月に卒業し、以後、張作霖率いる奉天派で軍歴を重ね、1926年(民国15年)には安国軍で師長にまで昇進している。

1928年(民国17年)、張作霖死後の張学良による軍の再編において、東北陸軍歩兵第4旅旅長に任じられた。1930年(民国19年)には東三省兵工廠廠長に任じられ、翌年1月、察哈爾省政府主席となり、1932年(民国21年)8月までその地位にあった。以後、国民政府軍事委員会北平分会委員に任じられ、張学良の下で対日防衛にあたっている。しかし、1936年(民国25年)12月の西安事件により張学良が失脚すると、劉翼飛もまた下野を余儀なくされた。

日中戦争(抗日戦争)勝利後に、劉翼飛は華北先遣軍第1軍軍長として復帰し、後に三民主義促進会に加入した。中華人民共和国成立後は大陸に留まり、天津市政治協商会議委員などをつとめた。

1968年7月28日、病没。享年76(満74歳)。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
 中華民国の旗 中華民国(国民政府)国民政府
先代:
楊愛源
察哈爾省政府主席
1931年1月 - 1932年8月
次代:
宋哲元