内藤元勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
内藤元勝
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文22年(1553年
死没 寛永6年2月6日1629年2月28日
別名 通称:孫十郎→与三右衛門
主君 毛利輝元秀就
長州藩
氏族 藤原北家利仁流 安芸内藤氏
父母 父:内藤元栄、母:赤川元保の娘
兄弟 元勝、女(粟屋元信室)、女(内藤広泰室)、勝次就正、女(南方元俊室)、就貞、女(内藤元次室)、女(浅屋元俊室)、女(飯田就重室)
児玉元廉の娘
就勝就久

内藤 元勝(ないとう もとかつ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将毛利氏家臣で長州藩士。安芸国中郡衆である安芸内藤氏の一族で、父は実務官僚として重用された内藤元栄

生涯[編集]

天文22年(1553年)、毛利氏家臣の内藤元栄の子として生まれる。

慶長17年(1612年1月3日、父・元栄から知行を譲られる。寛永2年(1625年8月13日付で益田元祥清水景治宍道元兼の連署で出された御配所付立では、元勝の知行は周防国都濃郡久米村[1]の内の1117石4斗1升と、長門国阿武郡地福村[2]の内の182石5斗9升の合計1300石とされている。

寛永6年(1629年2月6日に死去。享年77。同年2月14日に嫡男の就勝が後を継いだ。また、元勝の次男・就久は、元和4年(1618年)に後継のいないまま死去した内藤広泰の婿養子となって安芸内藤氏の本家を継いだ。

脚注[編集]

参考文献[編集]