八通関山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
八通関山
標高 3,245 m
所在地  台湾
南投県信義郷
位置 北緯23度59分32.28秒
東経121度15分36秒
座標: 北緯23度59分32.28秒 東経121度15分36秒
八通関山の位置(台湾内)
八通関山
八通関山
八通関山の位置(台湾
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

八通関山(はっつうかんざん)は、台湾南投県信義郷にある標高3,245mの山である[1]

概要[編集]

八通関山は玉山主峰秀姑巒山のほぼ中間に位置し、台湾百岳の中で64位だった[1]玉山山脈の北段に聳える山であり、秀姑巒山の西側の支脈に属する山です。

現在使用されている主な登山道には、東埔温泉から楽楽対関観高坪八通関草原を経由するもの、上東埔から塔塔加鞍部排雲山莊・玉山主峰・八通関草原を経由するもの、南安から山風瓦拉米大分大水窟池を経由するものが挙げられる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 楊建夫 『台灣的山脈』 遠足文化、2001年ISBN 9573049368 (繁体字中国語)