玉山山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉山山脈
JadeMountainSouthernPeak.jpg
玉山主峰~玉山南峰の稜線 (2008年9月撮影)
所在地  台湾
位置 北緯23度28分12秒 東経120度57分16秒 / 北緯23.47000度 東経120.95444度 / 23.47000; 120.95444座標: 北緯23度28分12秒 東経120度57分16秒 / 北緯23.47000度 東経120.95444度 / 23.47000; 120.95444
最高峰 玉山 (3,952m)
延長 180km
Taiwan-Yushan Range.jpg
玉山山脈の範囲
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
玉山山脈
各種表記
繁体字 玉山山脈
簡体字 玉山山脉
拼音 Yùshān Shānmài
注音符号 ㄩˋ ㄕㄢ ㄕㄢ ㄇㄞˋ
発音: ユーシャン シャンマイ
テンプレートを表示

玉山山脈(ぎょくざん-さんみゃく)は台湾の山脈。台湾南部に位置し、北の玉山から南の高雄市六亀区十八羅漢山付近までの総延長180km、五代山脈の中で最も短い山脈である。玉山山脈の東側は荖濃渓を境界に中央山脈の南端が形成され、西側は楠梓仙渓を隔てて阿里山山脈に接する。旧称新高山脈(にいたかさんみゃく)。

日本統治時代には新高山(にいたかやま)と称された。

概況[編集]

玉山山脈は東西方向から北北東 - 南南西方向へと変化している。最高峰は玉山玉山主峰とも)の海抜3,952メートルであり、台湾の最高峰であり、その他周辺の山と共に玉山群峰と称され、玉山国家公園管理局の管轄とされている。

形成[編集]

阿里山山脈は元来玉山山脈上に存在したものが断層の作用により、上部の比較的若い地層が西にずれて阿里山山脈を形成、下部の古い断層が玉山山脈を形成したと推測されている。

百岳名峰[編集]

玉山山脈における標高3,000メートル以上の山は22、その内台湾百岳に指定されている山が12存在する。