八百富神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八百富神社
Le Temple Shintô Yaotomi-jinja - Le haiden (La construction du culte).jpg
拝殿
所在地 愛知県蒲郡市竹島町3-15
位置 北緯34度48分37.96秒
東経137度13分53.93秒
座標: 北緯34度48分37.96秒 東経137度13分53.93秒
主祭神 市杵島姫命
創建 伝・1181年養和元年)
例祭 10月第3土・日曜日
主な神事 臨時大祭 巳年亥年4月~5月にかけての40余日にわたる
テンプレートを表示

八百富神社(やおとみじんじゃ)は、愛知県蒲郡市竹島町にある神社。「竹島弁天」ともいう。日本七弁天の一つとされる。

蒲郡市沖の三河湾にある竹島に鎮座する。竹島全域が八百富神社の境内である。竹島は対岸とは僅か400mしか離れていないのだが、暖地性の植生であり、対岸の植物相とは大きく異なるという特異的な環境である。このため、1930年(昭和5年)、竹島八百富神社社叢として国の天然記念物に指定されている[1]

竹島へは長さ387mの竹島橋で向かう。

概略[編集]

  • 1181年養和元年) - 三河国国司である藤原俊成が、竹生島より勧請し創建したという。
  • 1725年享保10年) - 三河国国府村(現豊川市国府町)に移転していた宇賀神社が、元々鎮座していた八百富神社境内に再移転する。
  • 1915年大正4年) - 海上の大鳥居が完成する。
  • 1932年昭和7年) - 名古屋の繊維問屋の主が自費で橋(竹島橋)をかけ蒲郡町(現蒲郡市)に寄付する。これにより参拝が容易となった。
  • 1986年(昭和61年) - 現在の竹島橋が完成する。

祭神[編集]

境内社[編集]

宇賀神社
大黒天神社
  • 宇賀神社
祭神は宇賀御魂命
  • 大黒神社
祭神は大国主命
  • 千歳神社
祭神は藤原俊成
  • 八大龍神社
祭神は龍神

文化財[編集]

天然記念物(国指定)
  • 八百富神社社叢
蒲郡市指定文化財
  • 弁財天十五童子像[2]
  • 俊成卿画像[3]
  • 伯牙子期図絵馬 狩野安信[4]
  • 木造弁財天像[5]
  • 五条三位俊成卿筆加賀切[6]
  • 竹島参詣滑稽雛栗毛[7]

境内[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県蒲郡市竹島町3-15

交通機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 八百富神社社叢”. 蒲郡市博物館 (2011年3月1日). 2013年6月19日閲覧。
  2. ^ 市内の指定文化財 弁財天十五童子像”. 蒲郡市博物館 (2011年3月1日). 2013年6月19日閲覧。
  3. ^ 市内の指定文化財 俊成卿画像”. 蒲郡市博物館 (2011年3月1日). 2013年6月19日閲覧。
  4. ^ 市内の指定文化財 伯牙子期図絵馬”. 蒲郡市博物館 (2011年3月1日). 2013年6月19日閲覧。
  5. ^ 市内の指定文化財 木造弁財天像”. 蒲郡市博物館 (2011年3月1日). 2013年6月19日閲覧。
  6. ^ 市内の指定文化財 五条三位俊成卿筆加賀切”. 蒲郡市博物館 (2011年3月1日). 2013年6月19日閲覧。
  7. ^ 市内の指定文化財 竹島参詣滑稽雛栗毛”. 蒲郡市博物館 (2011年3月1日). 2013年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]