八戸レビュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八戸レビュウ
著者 梅佳代浅田政志津藤秀雄
発行日 2011年7月16日
※八戸ポータルミュージアム「はっち」では2011年7月13日に先行販売
発行元 美術出版社
ジャンル 写真集
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 ソフトカバー
コード ISBN 978-4-568-12078-3
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

八戸レビュウ(はちのへレビュウ)は青森県八戸市の八戸ポータルミュージアム「はっち」で2011年平成23年)2月26日 - 3月30日に開催された写真展覧会および、7月16日美術出版社から発売された写真集

概要[編集]

青森県八戸市の一般市民を題材にした梅佳代浅田政志津藤秀雄の3人の写真家によるプロジェクトであり、青森県八戸市のはっちの開館記念企画でもあった。

88人の一般市民のレビュウを88人の公募ライターが執筆した。執筆にあたっては作家の木村友祐、クリエイティブディレクターの佐藤尚之が指導にあたった。

会期中に会場が東日本大震災で被災している。

写真展[編集]

写真集[編集]

デザインはグラフィックデザイナー森本千絵が担当。

「八戸レビュウ 梅佳代、浅田政志、津藤秀雄 3人の写真家と88のストーリー 」として、2011年平成23年)7月16日に全国発売された。[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]