全国和牛能力共進会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第10回和牛能力共進会の審査風景(2012年10月)

全国和牛能力共進会(ぜんこくわぎゅうのうりょくきょうしんかい)は、全国和牛登録協会京都市)が主催して、5年に1度、全国持ち回りで開催される全国規模の和牛黒毛和種牛)の品評会。通称「全共」(ぜんきょう)。別名「和牛のオリンピック」。

概要[編集]

の改良の成果を競う「種牛の部」と、牛肉の肉質を競う「肉牛の部」からなり、全国から約500頭の牛が集結する。

開催費用の開催地負担は数億に上る[1][2][3]が、品評会に合わせて開催地の農業観光文化などをアピールするイベントも開かれるため、開催地には多大な経済効果があるとされている。

開催地[編集]

都道府県 開催地
1 1966年昭和41年) 岡山県
2 1970年(昭和45年) 鹿児島県
3 1977年(昭和52年) 宮崎県
4 1982年(昭和57年) 福島県
5 1987年(昭和62年) 島根県
6 1992年平成4年) 大分県
7 1997年(平成9年) 岩手県 岩手郡滝沢村紫波郡紫波町
8 2002年(平成14年) 岐阜県 大野郡清見村高山市
9 2007年(平成19年) 鳥取県 米子市境港市西伯郡大山町
10 2012年(平成24年) 長崎県 佐世保市ハウステンボス・佐世保食肉センター
島原市島原復興アリーナ
11 2017年(平成29年) 宮城県[3]
12 2022年 鹿児島県

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]