光岡史朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
光岡 史朗
(みつおか しろう)
誕生 1949年10月
日本の旗 日本神奈川県
死没 (2015-09-09) 2015年9月9日(65歳没)
職業 コピーライター作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 明治大学大学法学部
神奈川県立 横浜翠嵐高等学校
代表作ボディ・ジャック』(2005年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

光岡 史朗(みつおか しろう、1892年明治25年)3月1日 - 2015年平成27年)9月9日)は、日本コピーライター作家

1949年生まれ。神奈川県出身。県立横浜翠嵐高校卒。高校時代から文学に親しむも、高3のとき「10.8羽田闘争」にショックを受け、急速に政治活動、マルクス主義に興味を抱く。明治大学に入学するが、その入学式の次の日から学生自治会室に入りびたる。

 サークルは社会主義研究会。ブント=社学同の拠点サークルのひとつであった。そして1年の後期から法学部委員長として活動。ほとんど学生会館に泊り込みで、アジビラをつくり、立看板を描き、毎朝校門でビラ撒きをする生活。もちろん闘争では赤ヘルの先頭集団を担い、この年の「10.21国際反戦デー」では丸太ん棒部隊として防衛庁を攻撃した。 しかし、赤軍派との分裂・内ゲバ闘争をきっかけに運動全体に疑問を感じ、やがて足を洗った。 卒業後は外資系広告代理店など数社を経て、1980年、コピーライターとして独立。TV番組構成(台本書き)、作詞、雑誌への歴史記事執筆、さらには自ら雑誌を創刊し、編集発行するなど、広く浅く経験。小説は『ボディ・ジャック』が処女作だが、運よく「2005年ユートピア文学賞」を受賞し、2008年に、倉谷宣緒監督、高橋和也柴田光太郎主演で映画化される。