佐野睦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐野 睦夫(さの むつお)は、日本の情報工学者大阪工業大学情報科学部教授、学部長。工学博士。専門は、知能情報学知識ネットワークロボットコミュニケーション制御ヒューマンロボティックスなど。日本学術振興会知覚情報処理・知能ロボティクス部門審査委員。けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会委員。日本ロボット学会インテリジェントホームロボティクス研究会委員長。元電子情報通信学会情報・システムソサイエティ技術会議幹事。「Hack for “ミライ” Osaka 2020 」審査委員。プロジェクト・イーグル技術監修[1][2][3][4]

1983年京都大学大学院工学研究科修士課程修了。1983年日本電信電話公社(現在のNTT)に入社し、同研究所にて画像電子電子情報の技術研究に従事し、主幹研究員まで務めた後、2002年に大阪工業大学情報科学部教授として着任。2004年情報通信研究機構(NICT)専攻研究員も兼務。2018年より同大学情報科学部学部長。
オープンデータを活用した人工知能AI)・データサイエンス的アプローチに基づき,産官学連携で社会的課題を解決する枚方市アイデアソンハッカソンを推進。北大阪商工会議所で開催された「Society5.0イベント2019」にゲストスピーカとして講演[5]。また、によるオープンイノベーションを実現するシェアダイニングプロジェクトや,水都大阪価値創造プロジェクトにも参画[6]

主な所属学会は、IEEE電子情報通信学会情報処理学会画像電子学会映像情報メディア学会日本ロボット学会人工知能学会

主な受賞歴は、画像電子学会優秀論文賞(2008)、情報処理学会山下記念研究賞(2009)など。 また、指導する大阪工業大学情報科学部研究室の学生メンバーが、以下大会で受賞している[7]

  • ロボカップジャパンオープン@ホームリーグ準優勝(2011、2012、2014、2017、2018)
  • ロボカップジャパンオープン@ホームリーグ優勝(2013、2015、2016)
  • 日本ロボット学会 Intelligent Home Robotics Challenge 総合準優勝(2014、2016)  
  • ワールドロボットサミット パートナーロボットチャレンジ リアルスペースNEDO賞(2018)

さらに、自律走行型移動ロボットによる先端技術実験コンテスト「つくばチャレンジ」やその関西版である「中之島チャレンジ」にも積極的に研究室学生への参加支援を行っている [8][9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]