佐藤郁哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 郁哉(さとう いくや、1955年 - )は、日本の社会学者同志社大学商学部教授、一橋大学名誉教授。専門は大衆文化フィールドワーク。経営行動科学学会優秀研究賞、日経・経済図書文化賞、他受賞。

宮城県に生まれる。暴走族と共に生活して書いた『暴走族のエスノグラフィー』や演劇の研究で有名。現在は「研究評価にもとづく選択的資源配分の政策効果と意図せざる結果に関する国際比較研究」を行っている。

学歴[編集]

職歴[編集]

著作[編集]

  • 『暴走族のエスノグラフィー モードの叛乱と文化の呪縛』新曜社, 1984年
  • 『ヤンキー・暴走族・社会人 逸脱的ライフスタイルの自然史』新曜社 1985年
  • "Kamikaze Biker" University of Chicago Press, 1991年
  • 『フィールドワーク 書を持って街へ出よう』ワードマップ・新曜社, 1992年
  • 『現代演劇のフィールドワーク 芸術生産の文化社会学』東京大学出版会 1999年
  • 『フィールドワークの技法 問いを育てる,仮説をきたえる』新曜社 2002年
  • 『組織と経営について知るための実践フィールドワーク入門』有斐閣, 2002年
  • 『定性データ分析入門 QDAソフトウェア・マニュアル』新曜社 2006年
  • 『質的データ分析法 原理・方法・実践』新曜社 2008年
  • 『QDAソフトを活用する実践質的データ分析入門』新曜社 2008年
  • 『社会調査の考え方』東京大学出版会 2015

共著[編集]

翻訳[編集]

  • C.コンウェル, E.サザーランド『詐欺師コンウェル 禁酒法時代のアンダーワールド』新曜社 1986
  • R.M.エマーソン,R.I.フレッツ, L.L.ショウ『方法としてのフィールドノート 現地取材から物語作成まで』好井裕明,山田富秋共訳 新曜社 1998
  • ハンス・ザイゼル『数字で語る 社会統計学入門』新曜社 2005

論文[編集]

受賞[編集]

  • 国際交通安全学会著作部門賞, 1987年
  • 国際演劇評論家協会(AICT)賞, 1999年
  • 日経・経済図書文化賞, 2000年
  • 経営行動科学学会優秀研究賞, 2011年

脚注[編集]

[ヘルプ]