佐藤正能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 正能(さとう まさよし、1901年(明治34年)5月10日 - 1979年(昭和54年)11月14日)は、日本教育者ドイツ法学者横浜国立大学教授、財団法人荘内館理事栄典は、正四位勲三等旭日中綬章

略歴[編集]

没後
  • 2008年(平成20年)4月20日 - 駒込学生会館(旧荘内館)の1階ホールで正能・銅像(白幡正史:作)の除幕式が行われる。

著作物[編集]

著書[編集]

  • 1961年(昭和36年) - 『その折々』 佐藤正能先生還暦記念会
  • 1967年(昭和42年) - 『旦暮雑唱』 荘内舘創立70周年記念事業実行委
  • 1973年(昭和48年) - 『素吟片々』
  • 1978年(昭和53年) - 『過ぎゆきの賦』 北島印刷
  • 1980年(昭和55年) - 『林間寸草』 相模原市、佐藤正忠

共著[編集]

  • 1955年(昭和30年) - 『歌集 渦』角利一、酒井忠明(共著者) 歌集渦刊行会

著名な歌[編集]

  • 「聞きたきは 抱負にあらず 国政の 重きを畏る 一言なるを」

※この歌は佐高信が自著で取り上げた事で有名になった。

家族親族[編集]

参考文献[編集]

  • 『庄内人名辞典』 大瀬欽哉(代表編者) 致道博物館内「庄内人名辞典刊行会」(発行)
  • 『官報』号外第29号 昭和52年5月2日 叙位叙勲
  • 『官報』第15873号 昭和54年12月15日 叙位叙勲

外部リンク[編集]