大瀬欽哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大瀬 欽哉(おおせ きんや、1891年(明治24年) - 1991年(平成3年))は、日本歴史家。鶴岡市立図書館館長、(社)荘内文化財保存会理事、山形県地域史研究協議会副会長、栄典称号は、勲六等単光旭日章鶴岡市名誉市民

略歴[編集]

受賞歴[編集]

著作物[編集]

著書[編集]

  • 出版年不明 『郷土のおいたち』
  • 1952年(昭和27年) - 『郷土成田新田のあゆみ』 東郷村成田新田協議委員会
  • 1955年(昭和30年) - 『庄内史年表』
  • 1957年(昭和32年) - 『城下町鶴岡』 鶴岡市教育研修所社会科同好会
  • 1959年(昭和34年) - 『黒川能史料』
  • 1961年(昭和36年) - 『山形県史 鶏肋編 上 下二巻』
  • 1962年(昭和37年) - 『鶴岡市史(上)』
  • 1973年(昭和48年) - 『鶴岡百年のあゆみ - 続 城下町鶴岡 - 』 鶴岡郷土史同好会
  • 1974年(昭和49年) - 『三川町史』 編纂:三川町
  • 1993年(平成5年) - 『追慕大瀬欽哉先生』 編纂:鶴岡市

共著[編集]

  • 1970年(昭和45年) - 『山形県立鶴岡南高等学校八十年史』 斎藤正一・佐藤誠朗(共著) 創立80周年記念事業期成同盟会
  • 1994年(平成6年) - 『山形県立鶴岡南高等学校百年史』 斎藤正一・佐藤誠朗(共著) 鶴岡南高校・鶴翔同窓会

共編[編集]

監修[編集]

  • 1988年(昭和63年) - 『分かりやすい庄内の戊辰戦争』 秋保親英(著) 致道博物館

参考文献[編集]

  • 『広報つるおか』 2005年(平成17年)12月1日
  • 『官報』 1979年12月6日 本紙 15865 叙位・叙勲