佐藤心 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 心(さとう しん、1979年 - )は、日本批評家小説家シナリオライター

概要[編集]

中央大学中退後、東浩紀が発行したウェブマガジン「TINAMIX」(2000年1月 - 2002年6月)、「波状言論」などに編集者、ライター、インタビュアーなどとして参加。[1]その後、ゲーム『風ヶ原学園スパイ部っ!』『波間の国のファウスト』を執筆。後者の前日譚である『波間の国のファウスト:EINSATZ 天空のスリーピングビューティ』で小説家デビュー。

著作[編集]

小説[編集]

  • 『波間の国のファウスト:EINSATZ 天空のスリーピングビューティ』(2013年5月、講談社BOX

ゲームシナリオ[編集]

  • 『風ヶ原学園スパイ部っ!』(2011年11月、Sputnik)※笠井翔・牧村裕輝と共作。
  • 『波間の国のファウスト』(2012年6月、bitterdrop)

評論[編集]

  • 「永遠の少女システム解剖序論」(2000年、TINAMIX)※相沢恵名義
  • 「インディビジュアル・チェキシステム」(2002年〜2003年、colorful puregirl)※相沢恵名義[2]
  • 「オートマティズムが機能する」(2002年8月、新現実vol.1)
  • 「オートマティズムが機能する2」(2003年3月、新現実vol.2)
  • 「真・超人計画」(2003年12月〜2004年5月、波状言論)
  • 「あらゆる生を祝福する『AIR』」「無限の終わり方をさがして」(2004年8月、波状言論 臨時増刊号『美少女ゲームの臨界点』)
  • 「『イリヤの空』、崇高をめぐって」(2009年7月、限界小説研究会編『社会は存在しない セカイ系文化論』)
  • 「押井守における「空」をめぐって」 (2004年4月、ユリイカ(特集 押井守--映像のイノセンス) 、青士社[3]
  • 「ラブラブラブストーリーマジック--『新本格魔法少女りすか』をめぐって」(2004年9月、ユリイカ (総特集 西尾維新)、青士社)

コラム[編集]

  • 「上り坂、下り坂、まさかの心アフター #8 金はコメであり、僕は愛に生きようか」(2012年2月20日、ゲンロンエトセトラ、合同会社コンテクチュアズ)
  • 「上り坂、下り坂、まさかの心アフター #9 『孤独のグルメ』が全然孤独ではない件について」(2012年4月、ゲンロンエトセトラ、合同会社コンテクチュアズ)
  • 「上り坂、下り坂、まさかの心アフター #10 「ビッチ萌え」について考えてみた」(2012年6月、ゲンロンエトセトラ、株式会社コンテクチュアズ)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]