佐々木孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 孝(ささき たかし、1939年8月31日[1] - 2018年12月20日)は、日本のスペイン思想学者。筆名・富士貞房(ふじ・ていぼう、fugitivo: スペイン語で「逃れ行く者」「つかの間の」「はかない」にちなむ)[要出典]

略歴[編集]

北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学駒沢大学法政大学早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴い福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」の名を冠したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など[2]。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。洗礼名フランシスコ

著書[編集]

翻訳[編集]

  • イグナチオ・デ・ロヨラ『ロヨラのイグナチオ その自伝と日記』、A.エバンヘリスタ・共訳編、桂書房(東京)、1966年
    • 『ロヨラの巡礼者 聖イグナチオ自叙伝』、中央出版社、1980年
    • 『目で見る聖イグナチオ・デ・ロヨラの自叙伝』、ホアン・カトレット・絵、新世社、1991年
  • ホセ・オルテガ・イ・ガセットドン・キホーテに関する思索』、アンセルモ・マタイス共訳、現代思潮社(古典文庫)、1968年
    • 『ドン・キホーテをめぐる思索』、未來社、1987年
  • ホセ・オルテガ・イ・ガセット『ガリレオをめぐって』 A.マタイス共訳、法政大学出版局 (叢書・ウニベルシタス)、1969年
  • ホセ・オルテガ・イ・ガセット『オルテガ著作集5 個人と社会―〈人と人びと〉について―』A.マタイス共訳、白水社、1969年、復刊1998年ほか
    • 『個人と社会―人と人びと』(単行本)、白水社、1989年。単行版
  • ミゲル・デ・ウナムーノ『キリスト教の苦悶』、神吉敬三共訳、ホアン・ソペニャ・訳注、法政大学出版局 (叢書・ウニベルシタス)、1970年
  • ラモン・メネンデス・ピダル『スペイン精神史序説』、法政大学出版局 (りぶらりあ選書)、1974年
  • 『ウナムーノ著作集 1 スペインの本質 小論集』、共訳、法政大学出版局、1972年
  • 『ウナムーノ著作集 3 生の悲劇的感情』、神吉敬三共訳、法政大学出版局、1975年
    • 新装版『生の悲劇的感情』、解説ホアン・マシア、法政大学出版局、2017年
  • オルテガ・イ・ガセット『ヴィルヘルム・ディルタイと生の理念』、未來社 (フィロソフィア双書)、1984年
  • ルイス・メンディサーバル『新しき展望 イエズスのみ心』、中央出版社、1984年
  • S.マダリアーガ『情熱の構造: イギリス人、フランス人、スペイン人』、れんが書房新社、1985年
  • P・ライン・エントラルゴ『スペイン― 一八九八年の世代』、共訳、れんが書房新社、1985年
  • ホセ・オルテガ・イ・ガセット『哲学の起源』、法政大学出版局 (叢書・ウニベルシタス)、1986年
  • フリオ・カロ・バロッハ『カーニバル―その歴史的・文化的考察』、法政大学出版局 (叢書・ウニベルシタス)、1987年
  • フランシスコ・デ・ビトリア『人類共通の法を求めて』、岩波書店<アンソロジー新世界の挑戦>、1993年

脚注[編集]

  1. ^ 著作権台帳[要文献特定詳細情報]
  2. ^ 『モノディアロゴス ウェブ版<新・人間学>事始め』著者紹介

外部リンク[編集]