伊豆箱根鉄道大場工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊豆箱根鉄道大場工場(いずはこねてつどうだいばこうじょう)は静岡県三島市にある、伊豆箱根鉄道の車両工場及び車両基地である。

伊豆箱根鉄道本社社屋の北側にある。出入庫は駿豆線大場駅から行われる。

大場工場

概要[編集]

  • 伊豆箱根鉄道の車両工場と車両基地が併設されている。
  • 毎年開かれるいずはこねふれあいフェスタ(詳細は後述)のメイン会場である。

車両工場[編集]

  • 電車工場とも呼ばれる。車両検査のほか改造も行う。
  • 担当車両は駿豆線大雄山線神奈川県)の全車両。[1]
  • リフティングジャッキや台車用オートリフター、小型のマルチプルタイタンパーなどの機械がある。
  • 踏切は工場内(踏切名不明)に1箇所、出入口に1箇所(大場工場踏切)ある。工場内の踏切は遮断機がない。出入口の踏切は朝と夜以外ほとんど稼働しない。
  • 大場工場踏切の前の側線にはチキ(レール運搬車)が留置されている。

車両基地[編集]

  • 通常、駿豆線の車両が停泊している。[2]
  • 構内には多数の留置線のほかに洗車機がある。

配置車両[編集]

2013年7月7日現在

いずはこねふれあいフェスタ[編集]

いずはこねふれあいフェスタは、伊豆箱根鉄道が「10月14日・鉄道の日」を記念して、1995年から毎年、大場工場を一般公開し、電車教室など鉄道を主としたイベントである。毎年、多くの鉄道ファンや家族連れで賑わう。フェスタへの参加は無料(一部有料イベントがある)。尚、表記方法については、伊豆箱根鉄道公式ページでも「伊豆箱根ふれあいフェスタ」と「いずはこねふれあいフェスタ」が混在しているが、本項では後者を採用した。

2002年10月13日開催)からは、鉄道だけでなく、バス、タクシー、観光・旅行なども加えて伊豆箱根鉄道グループの全社的なイベントとして取り組んでいる。このことは県内のテレビニュースで紹介される。 2003年10月12日開催)は、バス事業100周年[4]と冠されて行われた。 2004年10月10日開催予定)は、台風22号(マーゴン (MA-ON))の被害のため中止となった。 2005年11月23日開催)からは台風シーズンを避け、11月23日開催に変更された。

2006年
11月23日に実施。
内容は、ミニ電車乗車体験、運転席の乗車撮影会(電車・バス)、洗車体験(電車・バス)、鉄道模型展示、抽選会など。
2008年
11月23日に実施
内容は、ミニ電車乗車体験、運転席の乗車撮影会(電車・バス)、洗車体験(電車・バス)、鉄道模型展示、抽選会、部品販売(電車・バス)、部品展示、踏切操作体験、旧塗装復活記念ツアー(バス)など。

位置情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大雄山線の車両(5000系)は、東海道本線小田原三島間を回送(甲種輸送)され、当工場に入場する。
  2. ^ 土曜日運行の踊り子117号から日曜運行の踊り子102号まで特急踊り子JR185系は修善寺駅構内の留置線を使用するため、当車両基地には停泊しない。
  3. ^ 大雄山線5000系の大場工場への入出場、および工事車両牽引用途。
  4. ^ 京都乗合自動車二井商会が、堀川中立売(現:上京区)と七条停車場(現:京都駅)、祇園石段下までの2路線をバス会社として正式に運行したのが、1903年(明治36年)9月20日。2003年はバス事業が開業されてちょうど100年にあたる。⇒日本のバス#黎明期

関連項目[編集]