伊藤裕太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 裕太
Yuta ITO.jpg
代表取締役 伊藤裕太
生誕 1955年5月14日
日本の旗 日本 愛知県
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
職業 株式会社フロンティアーズ代表取締役
株式会社アマリージュ取締役会長
有限会社パムリンク取締役
AIREV株式会社会長
株式会社Universal Performing Arts Company取締役会長

伊藤 裕太(いとう ゆうた、1955年5月14日 - )は、日本の経営者・教育者・音楽プロデューサー。

2008年の米国ポラロイド社の経営破綻に際し、自らが社長を務めた同社の現地法人である日本ポラロイド株式会社をマネジメント・バイアウト(MBO)した事で知られる。2010年4月から日本ビクター株式会社に代表取締役社長として招聘され、その様子はワールドビジネスサテライト”求む!経営のプロ”で紹介された。

経歴[編集]

1979年[編集]

1980年代末[編集]

  • 米国駐在でレーザーディスクの普及に務める。教育分野でのレーザーディスク利用提案。

1990~1999年[編集]

2000年~[編集]

株式会社フロンティアーズ[編集]

  • 持株会社 株式会社フロンティアーズ[9]設立、代表取締役社長兼CEOに就任。(2009年〜)
  • 日本ポラロイド株式会社(2010年1月に株式会社フロントランナーに名称変更)をMBO(2009年9月)。株式会社フロントランナーを売却(2016年3月)
  • 有限会社パムリンク [10] 取締役共同経営者(2011年)。合弁解消に伴い、相談役(2013年2015年)、取締役(2016年〜)。
  • 株式会社アマリージュ設立 取締役会長(2015年6月〜)
  • AIREV株式会社 顧問(2015年11月〜2018年3月)、会長(2018年4月〜)
  • 日本ポラロイド製品のアフターサービス業務を 2015年12月31日をもって終了。株式会社フロントランナーの全株式を売却(2016年3月31日)。
  • 株式会社Universal Performing Arts Company 取締役会長(2019年1月〜)

社会活動[編集]

プロデュース活動[編集]

著書、執筆など[編集]

  • 学生のためのマルチメディア(1995年)
  • アップルコンピュータにて「マルチメディア技術教育体系」編集
  • 愛知県立旭丘高校同窓会誌「鯱光」第588号に執筆(2007年)
  • 日本経済新聞「交遊抄」に執筆(2009年4月25日)
  • 東京新聞「新聞を読んで」執筆担当(2012年7月2013年6月)
  • 相模経済新聞客員論説委員(2013年4月2014年3月)、コラム「着眼大局着手小局」連載
  • 伊藤裕太スペシャルインタビュー これまでのTVとこれからのデジタルネットワーク[15]
  • 月刊「音楽の友」誌のカラーグラビアページにて「音楽交差点」を連載(2017年1月〜)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]