伊藤栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 栄一
生誕 (1925-10-01) 1925年10月1日
出身地 日本の旗 日本東京府(現東京都東京市
死没 (2020-02-24) 2020年2月24日(94歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
音楽教育者
ピアニスト

伊藤 栄一(いとう えいいち、1925年大正14年10月1日[1] - 2020年(令和2年)2月24日[2])は、日本の指揮者音楽教育者ピアニスト東京学芸大学名誉教授創価大学名誉教授東京芸術大学講師。一部に名前の表記を榮一[3][4]としているものがある。

経歴[編集]

東京市出身[1]。1950年(昭和25年)東京音楽学校(東京芸術大学音楽学部の前身)本科器楽科卒。

指揮法を渡辺暁雄金子登クルト・ヴェスピアノ水谷達夫作曲高田三郎に師事[5]

1951年(昭和26年)、金子登主催の東京オペラ協会によるプッチーニトゥランドット』、続くヨハン・シュトラウス2世こうもり』(共に本邦初演)の公演の際に副指揮を担当[6]。1952年(昭和27年)二期会設立と共に二期会合唱団初代常任指揮者としてモーツァルトフィガロの結婚』、『魔笛』、ビゼーカルメン』、ヴェルディ椿姫』等[6]数多くの演奏会やオペラを指揮。放送等にも出演。その間、ブリテン『五つの花の歌』、メノッティアマールと夜の訪問者』等、現代曲の本邦初演を行っている[6]。また、東京コラリアーズ、ルナ・アルモニコ、東京室内合唱団等の指揮者としても活躍した。1966年(昭和41年)田中利光『四季』を指揮して芸術祭賞受賞[5]小林秀雄『前奏曲』、尾形敏幸『叙情小曲集』の初演も行っている[6]

プロ合唱団ばかりでなく、1954年(昭和29年)5月[7]青山学院大学グリーンハーモニー合唱団創立時[8]から常任指揮者として1980年(昭和55年)まで26回の定期演奏会を担当し団の発展に貢献、その後も名誉指揮者として1990年(平成2年)のOB合唱団設立から2005年(平成17年)まで15年間、OB合唱団の指揮者を務めた[9]ほか、オール青山の『メサイア』等を指揮している[6]。また、東京学芸大学混声合唱団においては、1967年(昭和42年)第5回定期演奏会から指揮者に就任、その後、名誉指揮者として2007年(平成19年)の第45回定期演奏会の「OB・OG合同ステージ」まで指揮を務めている[7]。1973年(昭和48年)には、伊藤の音楽を愛するメンバーにより「東京カントライ」が設立され、2018年(平成30年)2月17日第43回定期演奏会「ラスト・コンサート」まで指揮者を務めた[10]オーケストラ指揮者としても東京ゾリステンコンチェルトシリーズに出演する等、数多くの経歴を持ち、カメラータ・アカデミカ室内管弦楽団の音楽監督も務めていた[5]

ピアニストとしてもジョージ・ガーシュイン作曲『ラプソディー・イン・ブルー』山本正人指揮・東京吹奏楽団・第7回定期演奏会(1965年(昭和40年)10月8日:日比谷公会堂)等のソリストを務めている。

また、コンコーネ等の音楽教材LPへのピアノ伴奏録音がある。

音楽教育者として[編集]

音楽教育者として優れ、1957年(昭和32年)より東京芸術大学講師として、指揮法ソルフェージュ合唱、オペラ実習等を担当。

1966年(昭和41年)より東京学芸大学教授創価大学教授、福島大学福岡教育大学講師を歴任[6]

多くの優れた門下生を世に送り出した。

のちに世界的指揮者となった若杉弘を、東京芸術大学の声楽科から指揮者への道へと導いたのは、伊藤と畑中良輔である。

他に(Web上で個人名を確認できる範囲に限っても)以下の人物が伊藤の門下生であり、多士済々な後進を育成した。

死去[編集]

2020年(令和2年)2月24日、肺炎のため逝去。94歳没[2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 日外アソシエーツ 『音楽家人名事典 新訂第3版』2001.11刊 ISBN 978-4-8169-1691-5
  2. ^ a b 伊藤栄一さん死去”. 朝日新聞. 2020年2月27日閲覧。
  3. ^ 伊藤榮一”. 昭和音楽大学オペラ情報センター. 2020年2月27日閲覧。
  4. ^ 寄贈資料リスト”. 東京藝術大学音楽学部 大学史史料室. 2020年2月27日閲覧。
  5. ^ a b c 指揮者:伊藤栄一先生の紹介”. 東京カントライ. 2020年2月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 伊藤栄一”. 東京学芸大学混声合唱団. 2020年2月27日閲覧。
  7. ^ a b 過去の演奏会”. 東京学芸大学混声合唱団. 2020年2月27日閲覧。
  8. ^ プロフィール ・GHの歴史”. 青山学院グリーンハーモニー合唱団. 2020年2月27日閲覧。
  9. ^ a b 先生方のご紹介”. 青山学院大学グリーンハーモニー合唱団OB会. 2020年2月17日閲覧。
  10. ^ 伊藤栄一 ラスト・コンサート 東京カントライ第43回演奏会”. ヤマハ. 2020年2月27日閲覧。
  11. ^ プロフィール”. 浜松アクトシティ音楽院. 2020年2月27日閲覧。
  12. ^ 出演者プロフィール”. ミューザ川崎. 2020年2月27日閲覧。
  13. ^ Our Trainers”. 東京理科大学混声合唱団. 2020年2月27日閲覧。
  14. ^ 芸術監督 嶋津 武仁”. オーケストラ・フィルジッヒ. 2020年2月27日閲覧。
  15. ^ 指導陣紹介 今井 仁志”. 武蔵野音楽大学. 2020年2月27日閲覧。
  16. ^ 第3回「みんなでつくるサンシティ・クリスマスコンサート」プログラム”. 日本財団図書館. 2020年2月27日閲覧。
  17. ^ 大野久美子”. ハルモニーコール. 2020年2月27日閲覧。
  18. ^ ヴァイオリンとピアノの音楽会”. いのまたピアノ. 2020年2月27日閲覧。
  19. ^ 作曲者・著者 田中達也”. パナムジカ出版. 2020年2月27日閲覧。
  20. ^ 2019年6月15日(土)島津幸子コンクール入選記念&還暦記念メゾソプラノリサイタル”. ティア スタッフ ブログ. 2020年2月27日閲覧。
  21. ^ 指導者紹介”. NHK東京児童合唱団. 2020年2月27日閲覧。
  22. ^ 指導者”. グランフォニック. 2020年2月27日閲覧。
  23. ^ リコーフィルハーモニーオーケストラが 2000サマーコンサートを開催”. 株式会社リコー. 2020年2月27日閲覧。
  24. ^ 坂本かおる プロフィール”. HMV. 2020年2月27日閲覧。
  25. ^ 慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団第112回(1987年)定期演奏会パンフレット
  26. ^ 講師プロフィール 山本ゆう子(主宰)”. 優子ピアノルーム. 2020年2月27日閲覧。
  27. ^ 雨谷善之”. ピティナ. 2020年2月27日閲覧。
  28. ^ 講師”. ひばり児童合唱団. 2020年2月27日閲覧。
  29. ^ 越前おおのブランド大使 齊藤一郎さん”. 大野市. 2020年2月27日閲覧。
  30. ^ 飯塚道夫のわがままリサイタル”. 中野島キリスト教会. 2020年2月27日閲覧。
  31. ^ 合唱指導 桜井真知子 プロフィール”. 混声合唱団「M」響. 2020年2月27日閲覧。
  32. ^ M.L.R.&茨城県立水戸第二高等学校コーラス部コンサート”. 水戸芸術館. 2020年2月27日閲覧。
  33. ^ 明道館ネットワーク(第1回)出演者紹介”. 明新会. 2020年2月27日閲覧。
  34. ^ 主宰 笠井幹夫”. IMT伊勢音楽劇場. 2020年2月27日閲覧。
  35. ^ 指導陣プロフィール”. 混声合唱団コール・ドリーム. 2020年2月27日閲覧。
  36. ^ 指揮 廣石雄司”. コール・キリエ. 2020年2月27日閲覧。
  37. ^ 指導者紹介”. おおとり混声合唱団. 2020年2月27日閲覧。
  38. ^ 指揮者(統括責任者)”. 円混声合唱団. 2020年2月27日閲覧。
  39. ^ 花岡千春と仲間たち”. ハーモニーメイト事務局. 2020年2月27日閲覧。
  40. ^ 合唱団クール・ファミーユ”. 富山県文化振興財団. 2020年2月27日閲覧。
  41. ^ 伊藤祐二”. nothing but music. 2020年2月27日閲覧。
  42. ^ 指揮者 橋場友彦”. aio. 2020年2月27日閲覧。
  43. ^ Tatsuo Ikejiri”. 東京パイオニア吹奏楽団. 2020年2月27日閲覧。
  44. ^ プロフィール”. ジャパン・エレクトロニック・オーケストラ. 2020年2月27日閲覧。
  45. ^ 指揮者プロフィール”. 入間市民混声合唱団. 2020年2月27日閲覧。
  46. ^ 音楽監督・常任指揮者”. Vocal Ensemble Ossa. 2020年2月27日閲覧。
  47. ^ 宮川勝明”. 日本のクラシック音楽家.net. 2020年2月27日閲覧。