嶋津武仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
嶋津 武仁
生誕 (1949-07-01) 1949年7月1日
出身地 日本の旗 日本静岡県下田市
学歴 東京学芸大学
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家指揮者音楽教育
公式サイト 嶋津 武仁HP

   

嶋津 武仁(しまづ たけひと、1949年7月1日 - )は、日本の作曲家指揮者音楽教育家。福島大学人間発達文化学類教授。

経歴[編集]

静岡県下田市生まれ。武士の家系で彼の兄は市会議員で英語の教員という環境に育つ。東京学芸大学甲斐説宗に師事。東京学芸大学大学院修士課程音楽教育学科にて作曲・指揮を修めた後、ベルリン芸術大学尹伊桑に師事。師から非常に高い評価を得、ダルムシュタット夏期講習会の参加などを通していくつかの国際コンクール歴等を重ねる。ベルリン工科大学では電子音楽の研究を重ねて極めて知的な音響作曲法による作品を生み出す。現在福島大学人間発達文化学類教授だが福島市の付属中学校の校長も兼務している。最近の管弦楽曲ではノーノの美学に近く、「レクイエム」では震災をテーマにした楽曲も目立ち、理性科学的よりもシリアスな内容の世界の楽曲が目立つ。多くの特出した弟子を世界中に輩出している。

代表作品[編集]

初期のベルリン時代作品はブライトコプフ・ウント・ヘルテルから、後期の福島時代の作品は主に日本作曲家協議会から出版されており、演奏が極めて難解でかつクールな作品が大多数を占める。最近は国内よりも海外での作品発表が非常に目立ってきている。

  • 3本のフルートの為の『エヴォリューション Evolution』(1977)
  • アルト・フルート・ソロの為の『カシオペイア Kassiopeia』(1978)
  • コントラバス・ソロの為の『ソネット Sonett』(1979)
  • 2本のフルートとピアノの為の『モワレ Moire』(1980)
  • 弦楽四重奏のための『クロモゾム Chromosom』(1981)
  • ファゴット・ソロの為の『ものでぃII Monodie II』(1982)
  • ピアノ・ソロの為の『フーガ Fuge』(1983)
  • 電子音楽『舞踊音楽<波> NAMI(Wellen)』(1983)
  • ピアノ・ソロの為の『音価と強度と視覚の微細変化を伴う空間に―ものでぃV― In a space, changing minimally the value, the intensity and the vision ---Monodie V---』(1992)
  • フルートとクラリネット、ヴァイオリン、チェロの為の『ラ・フォリア III ―狂気の中へ― La Follia III ---into a madness---』(1999)

・オーケストラ曲「ピアノと琴の為のアンダンテ」 ・オペラ曲「」

外部リンク[編集]

脚注[編集]