仲国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仲国造(なかのくにのみやつこ・なかこくぞう)は常陸国東部を支配した国造。那珂国造・那賀国造・常道仲国造とも。

概要[編集]

祖先[編集]

神八井耳命。その後裔の建借間命成務朝に仲国造に任じられたという。

氏族[編集]

本拠[編集]

常陸国那珂郡。現在の茨城県ひたちなか市など。

氏神[編集]

鹿嶋神宮か。

子孫[編集]

大建壬生夫子 …… 古墳時代の伝説上の人。仲国造。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)