今野徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今野 徹(こんの とおる、1960年9月2日[1] - 2017年12月5日[2])は、日本テレビ番組の演出家、プロデューサーである。北海道函館市出身[1]上智大学卒業後[1]、株式会社イースト・エンタテインメントに入社。落語関係の番組を多数担当。都民寄席実行委員などを務め、浅草演芸ホール8月下席「禁演落語の会」の解説で高座にも上がっている。落語家との親交も深かった。

落語研究会は白井良幹から引き継いで1998年から20年近くプロデューサーを務めた。出演者と演目決め、本番の進行からテレビ番組の編集までほとんど一人でやっていた。[3]

2015年12月から大腸がんで闘病を続け、2017年11月に再入院。病室からスタッフに指示を出し続けていたが外部にはがんであることを隠していたため、関係者の驚きは大きかった。2018年3月の落語研究会50周年・6月の600回記念を前に死去[3]

演出・プロデュ―スした主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 佐藤友美, ed (平成29年12月28日). 演芸界最新情報TOPICS. 東京かわら版 2018年1月号. p. 29. 
  2. ^ 波多野健twitter
  3. ^ a b “追悼抄 「TBS落語研究会」プロデューサー 今野徹さん”. 読売新聞 夕刊: p. 6. (2018年2月24日) 

外部リンク[編集]