今井絵美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今井 絵美子
(いまい えみこ)
誕生 (1945-07-02) 1945年7月2日
死没 (2017-10-08) 2017年10月8日(72歳没)
広島県福山市
職業 小説家
時代小説作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 成城大学文芸学部卒業
活動期間 2002年 - 2017年
ジャンル 時代小説
主な受賞歴 九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞(2003年)
歴史時代作家クラブ賞 シリーズ賞(2015年)
デビュー作 『蘇鉄のひと 玉蘊』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

今井 絵美子(いまい えみこ、1945年7月2日[1] - 2017年10月8日[2])は、日本小説家時代小説作家。

経歴[編集]

広島県福山市生まれ[1]成城大学文芸学部卒業[3]画廊経営、テレビプロデューサーを経て、執筆活動を開始[4]

1998年、「もぐら」が第16回大阪女性文芸賞で佳作に選ばれる[5]

2000年、「母の背中」が第34回北日本文学賞で選奨に選ばれる[6]

2002年、『蘇鉄のひと 玉蘊』が第2回中・近世文学大賞の最終候補作となり、同作を刊行、小説家デビューを果たす[7]

2003年、「小日向源伍の終わらない夏」が第10回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞[8]2015年、「立場茶屋おりき」シリーズが第4回歴史時代作家クラブ賞(シリーズ賞)を受賞[9]。同年、『群青のとき』が第21回中山義秀文学賞で候補作に選ばれる[10]

2015年5月にステージ4の乳がんと宣告[11]。闘病中も執筆活動をしていたが、2017年10月8日、広島県福山市内の病院で逝去。葬儀終了後に公表された[12]

2018年2月10日、今井が生前飼っていたキャシー[13]がねこみみ福山、および、保護ねこcafe Familiaに保護され、里親募集されている[14][15][16]

作品リスト[編集]

立場茶屋おりきシリーズ[編集]

  • さくら舞う(2006年11月 ハルキ文庫
  • 行合橋(2007年9月 ハルキ文庫)
  • 秋の蝶(2008年4月 ハルキ文庫)
  • 月影の舞(2009年1月 ハルキ文庫)
  • 秋蛍(2009年8月 ハルキ文庫)
  • 忘れ雪(2010年10月 ハルキ文庫)
  • 若菜摘み(2011年5月 ハルキ文庫)
  • 母子草(2011年8月 ハルキ文庫)
  • 願の糸(2011年12月 ハルキ文庫)
  • 雪割草(2012年3月 ハルキ文庫)
  • 虎が雨(2012年6月 ハルキ文庫)
  • こぼれ萩(2012年9月 ハルキ文庫)
  • 泣きのお銀(2012年12月 ハルキ文庫)
  • 品の月(2013年3月 ハルキ文庫)
  • 極楽日和(2013年7月 ハルキ文庫)
  • 凛として(2013年10月 ハルキ文庫)
  • 花かがり(2014年3月 ハルキ文庫)
  • 君影草(2014年6月 ハルキ文庫)
  • 指切り(2014年10月 ハルキ文庫)
  • 由縁の月(2015年3月 ハルキ文庫)
  • 佐保姫(2015年6月 ハルキ文庫)
  • 一流の客(2015年10月 ハルキ文庫)
  • すみれ野(2016年3月 ハルキ文庫)
  • 幸せのかたち(2016年6月 ハルキ文庫)
  • 永遠(とわ)に(2016年8月 ハルキ文庫)

照降町自身番書役日誌シリーズ[編集]

  • 雁渡り(2006年8月 廣済堂文庫)(2014年5月 角川文庫)
  • 寒雀(2007年4月 廣済堂文庫)(2014年7月 角川文庫)
  • 虎落笛(2008年2月 廣済堂文庫)(2014年9月 角川文庫)
  • 夜半の春(2008年4月 廣済堂文庫)(2014年11月 角川文庫)
  • 雲雀野(2011年2月 廣済堂文庫)(2015年1月 角川文庫)

便り屋お葉日月抄シリーズ[編集]

  • 夢おくり(2009年10月 祥伝社文庫
  • 泣きぼくろ(2011年4月 祥伝社文庫)
  • なごり月(2011年12月 祥伝社文庫)
  • 雪の声(2012年12月 祥伝社文庫)
  • 花筏(2013年4月 祥伝社文庫)
  • 紅染月(2013年12月 祥伝社文庫)
  • 木の実雨(2014年9月 祥伝社文庫)
  • 眠れる花(2014年12月 祥伝社文庫)
  • 忘憂草(2015年12月 祥伝社文庫)
  • 友よ(2017年3月 祥伝社文庫)

すこくろ幽斎診療記シリーズ[編集]

  • 寒さ橋(2010年2月 双葉文庫
  • 梅雨の雷(2010年7月 双葉文庫)
  • 麦笛(2011年9月 双葉文庫)
  • きっと忘れない(2013年6月 双葉文庫)
  • 秋暮るる(2014年1月 双葉文庫)
  • 青き踏む(2014年4月 双葉文庫)
  • 親鳥子鳥(2015年2月 双葉文庫)
  • 泣くにはよい日和(2016年2月 双葉文庫)
  • 禊川(2017年8月 双葉文庫)

髪ゆい猫字屋繁盛記シリーズ[編集]

  • 忘れ扇(2013年12月 角川文庫
  • 寒紅梅(2014年3月 角川文庫)
  • 十六年待って(2014年8月 角川文庫)
  • 望の夜(2014年12月 角川文庫)
  • 赤まんま(2015年4月 角川文庫)
  • 霜しずく(2015年11月 角川文庫)
  • 紅い月(2016年12月 角川文庫)
  • 残りの秋(とき) (2017年10月 角川文庫)

夢草紙人情おかんヶ茶屋シリーズ[編集]

  • 夢草紙人情おかんヶ茶屋(2012年4月 徳間文庫
  • 縁の糸(2012年7月 徳間文庫)
  • 今夜だけ(2013年1月 徳間文庫)
  • 夏花(2013年9月 徳間文庫)
  • うつし花(2014年7月 徳間文庫)
  • 雪まろげ(2015年9月 徳間文庫)
  • 優しい嘘(2016年10月 徳間文庫)

出入師夢之丞覚書シリーズ[編集]

  • 母子燕(2007年11月 ハルキ文庫)
  • 星の契(2008年10月 ハルキ文庫)
  • 梅の香(2010年4月 ハルキ文庫)

夢草紙人情ひぐらし店シリーズ[編集]

  • 暮れがたき(2008年8月 徳間文庫)
  • 恋しい(2009年5月 徳間文庫)
  • 夢の夢こそ(2012年10月 徳間文庫)

その他[編集]

  • 『蘇鉄のひと 玉蘊』(2002年7月 郁朋社)
    • 【改題】「蘇鉄の女」(2008年6月 ハルキ文庫)
  • 鷺の墓(2005年6月 ハルキ文庫)
  • 雀のお宿(2006年4月 ハルキ文庫)
  • 花あらし(2007年6月 ハルキ文庫)
  • 儚月(2007年12月 徳間文庫)
  • 『美作の風』(2008年9月 角川春樹事務所 / 2012年8月 ハルキ文庫)
  • 『夢の夢こそ』(2012年10月 徳間書店 / 2015年3月 徳間文庫)
  • 『群青のとき』(2014年12月 KADOKAWA
  • 『綺良のさくら』(2015年8月 角川春樹事務所)
  • 『いつもおまえが傍にいた』祥伝社 2016(エッセイ) 
  • ぶぶ漬屋稲茶にございます(2017年6月 ハルキ文庫)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b 今井絵美子 : 作家名データ&資料一覧 | 収蔵品データベース | ふくやま文学館.2016年1月1日閲覧。
  2. ^ 福山の小説家今井絵美子さん追悼 文学館で本や直筆原稿の特別展.山陽新聞(2017年11月8日).2017年12月24日閲覧。
  3. ^ 『願の糸』 立場茶屋おりき||注目の著者インタビュー|広島の本.2016年1月1日閲覧。
  4. ^ 由縁(ゆかり)の月 立場茶屋おりき/今井絵美子/著 本・コミック : オンライン書店e-hon.2016年1月1日閲覧。
  5. ^ 指切り 立場茶屋おりき/今井絵美子/著 本・コミック : オンライン書店e-hon.2016年1月1日閲覧。
  6. ^ 夢の夢こそ | 徳間書店.2016年1月1日閲覧。
  7. ^ 夜半の春 照降町自身番書役日誌|株式会社廣済堂出版.2016年1月1日閲覧。
  8. ^ 九州さが大衆文学賞受賞作・候補作一覧1-22回|文学賞の世界.2016年1月1日閲覧。
  9. ^ 第4回歴史時代作家クラブ賞:朝日新聞デジタル.2016年1月1日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 中山義秀文学賞受賞作・候補作一覧1-21回|文学賞の世界.2016年1月1日閲覧。
  11. ^ 「命に代えて書き続ける」.読売新聞2017年5月1日.2017年10月19日閲覧。
  12. ^ .中国新聞2017年10月19日朝刊.2017年10月19日閲覧。
  13. ^ 今井絵美子エッセイ『いつもおまえが傍にいた』(2016年、祥伝社)に登場したキャシー四世。2003年12月13日生まれで母がアメリカン・ショートヘアで父がオシキャットのミックス。
  14. ^ ねこみみ福山Facebook(2018年2月10日).ねこみみ福山Facebook.2018年3月22日閲覧。
  15. ^ 保護ねこcafe Familiaインスタグラム(hogonekocafe_familia)2018年2月27日.保護ねこcafe Familia.2018年3月22日閲覧。
  16. ^ 保護ねこcafe Familiaインスタグラム(hogonekocafe_familia)2018年3月22日.保護ねこcafe Familia.2018年3月22日閲覧。