仁比山神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仁比山神社
拝殿
拝殿
所在地 佐賀県神埼市神埼町的1692
位置 北緯33度21分30.01秒
東経130度21分53.47秒
座標: 北緯33度21分30.01秒 東経130度21分53.47秒
主祭神 大山咋命
社格県社
創建 (伝)天平元年(729年
別名 山王日吉宮、山王さん
例祭 4月26日
主な神事 式年大祭(大御田祭) 
地図
仁比山神社の位置(佐賀県内)
仁比山神社
仁比山神社
テンプレートを表示

仁比山神社(にいやまじんじゃ)は、佐賀県神埼市神埼町的にある神社旧社格県社

歴史[編集]

社伝によれば、天平元年(729年)この地に松尾大社を勧請したことを創始とする。その後承和11年(844年)に慈覚大師から戻る際この地に立ち寄り、土中より日吉宮の額を発見したことを朝廷に奏上したところ、比叡の神威を感じた仁明天皇の命により近江坂本日吉宮の御分神を合祀し朝廷の祈願所とした。そのときにこの地を仁明天皇の「仁」と比叡山の「比山」を併せて「仁比山」としたとされている。

社殿は度々焼失したが、佐賀藩藩祖鍋島直茂・初代藩主勝茂親子により再建された。さらに明治3年に貞観15年(873年)創建と伝わる白角折社などを合祀(神社合祀令)して仁比山神社となった。なお、白角折社は後に旧地に復座している。

文化財[編集]

無形民俗文化財[編集]

  • 民俗芸能「御田舞」(佐賀県重要無形民俗文化財)[1]
12年に1度、申年に開かれる「大御田祭」で奉納される。平安時代神使とする大津市の日吉大社から伝わった。豊作を願うもので、かつては口伝で受け継がれていたが現在は映像記録を利用している[2]

有形文化財[編集]

  • 金剛力士像二体(神埼市重要文化財)
参道入口にある江戸時代建設の仁王門に安置されている。門は元々は仁比山護国寺山門であったと考えられていて、3間1戸の八脚門の特徴を持つ。右に阿形、左に吽形金剛力士(仁王)像がある。九州でも最古級の仁王像。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 現地案内看板